検索
  • Administrator

EPC 2 賃貸視点と売買視点



現在、賃貸物件でEnergy Efficient Ratingが"F"以下(具体的にはFとG)の物件の貸し出しが禁止されています。2025年からこのレートが"C"に引き上げられます。物件を借りる側から見てみると省電力の冷蔵庫、洗濯機、照明、壁、窓、屋根などに断熱材が入っている物件(電気代、ガス代のかからない物件)に入ることが出来ると考えられます。

物件を持つ大家から見てみると冷蔵庫、洗濯機、照明の買い替えや壁や屋根裏に断熱材を入れる工事が必要となります。レートを現在の下限ギリギリのEからCへ引き上げる工事をしなければなりませんがこれは数千ポンドから3万ポンドの工事金額が予想されています(物件の大きさにもよって金額が異なります)。そのため大家たちは家賃を引き上げることでかかった工事費を回収しようとします。結局政府が机上で考えたプランを実行することにより数年後には物件を借りる側にとって金額的なハードルが上がってしまうこととなります。


さて売買だとどうでしょう。現在のところ売買についてはEnergy Efficient Ratingの下限はありません。自らが住むことを目的の物件購入であれば何も問題は無いのですが、賃貸することを目的とした購入となると話は変わります。今までだと古い家を購入し簡単な改装をして貸し出そうと言う投資家がたくさんいました。しかし、前述したように賃貸物件として貸出するには大きな改装工事が必要となります。例えば60万ポンドで2ベッドルームフラットを購入し、EPCのレートを上げるために1万-2万ポンドの工事が必要なため62万ポンドの物件を購入するのと同じです。

このため買い手は売り手に対し値段交渉をしてくるでしょうし、しかし最近のUK大手の不動産会社の予想ではこの先数年間は不動産価格が上昇すると言われていますので売り手が値下げ交渉にどのくらい応じるかは不明です。


この先賃貸物件の家賃は上がり続けるのは間違いないでしょう。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多