検索
  • Administrator

EPC (Energy Performance Certificate)

EPCとはEnergy Performance Certificateの頭文字です。すべての賃貸物件(部屋貸し、ルームレットを除く)での賃貸契約の際に必要な書類となります。

まずこれは物件の大家が用意するもので、大家または不動産会社が物件を紹介する際にアプリカントへ見せなければならない書類です。逆に言うとこれがない物件は紹介も案内もできません。不動産会社のWEBを見た際にほとんどの会社が物件ごとにEPCをつけていますがこれはそのためです。


どんな書類かと言うと、その物件がどのくらいエコ(省エネ)かを数値で表したものになります。例えば窓は昔ながらのガラス1枚の窓、二重窓、最新の三重窓。家の中の照明の電球はハロゲン球かLEDか。洗濯機、冷蔵庫は省電力のものかどうか、ボイラーはガスの消費を抑えるものかどうか、壁や天井には断熱材が入っているかどうかなどを採点し、A~Gでランク付けしています。Aはとてもエコ、Gは年中隙間風が入るような昔ながらの物件となります。


これは物件を探している人が家を決める際の指標となるように作られたものですがロンドンでは慢性的な物件不足のためEPCを気にする人はいません、というより比べるほどの物件数がないようです。

例えば郊外(大都市以外)で物件探しをする際に候補の物件がいくつかあり、EPCを見て最終決定をするような際には有効になる書類です。

想像できるようにレーティングがAやBの物件であれば年間の電気代、ガス代は安くなります。


また最近A~Gのランクにもさらに規制が設けられ、ランクがFの物件は貸し出しができなくなりました。

では長年Fランクの物件に住んでいた場合はどうかと言うと大家がランクを上げるための何かをしなくてはならないこととなっています。

例えば古いボイラーを新しいものに変更する、家のヒーターが電気のパネルヒーターだったものを電気のストーレッジヒーターへ変更したり、ボイラーを使うセントラルヒーティングへ変更したりとなります。


このEPCが発行されるとこの証書は10年間有効となります。大家は10年毎にEPCのアセスメントをしなければなりません。失効するとその物件は貸し出しができなくなります。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は