検索
  • Administrator

EPC (Energy Performance Certificate)

EPCとはEnergy Performance Certificateの頭文字です。すべての賃貸物件(部屋貸し、ルームレットを除く)での賃貸契約の際に必要な書類となります。

まずこれは物件の大家が用意するもので、大家または不動産会社が物件を紹介する際にアプリカントへ見せなければならない書類です。逆に言うとこれがない物件は紹介も案内もできません。不動産会社のWEBを見た際にほとんどの会社が物件ごとにEPCをつけていますがこれはそのためです。


どんな書類かと言うと、その物件がどのくらいエコ(省エネ)かを数値で表したものになります。例えば窓は昔ながらのガラス1枚の窓、二重窓、最新の三重窓。家の中の照明の電球はハロゲン球かLEDか。洗濯機、冷蔵庫は省電力のものかどうか、ボイラーはガスの消費を抑えるものかどうか、壁や天井には断熱材が入っているかどうかなどを採点し、A~Gでランク付けしています。Aはとてもエコ、Gは年中隙間風が入るような昔ながらの物件となります。


これは物件を探している人が家を決める際の指標となるように作られたものですがロンドンでは慢性的な物件不足のためEPCを気にする人はいません、というより比べるほどの物件数がないようです。

例えば郊外(大都市以外)で物件探しをする際に候補の物件がいくつかあり、EPCを見て最終決定をするような際には有効になる書類です。

想像できるようにレーティングがAやBの物件であれば年間の電気代、ガス代は安くなります。


また最近A~Gのランクにもさらに規制が設けられ、ランクがFの物件は貸し出しができなくなりました。

では長年Fランクの物件に住んでいた場合はどうかと言うと大家がランクを上げるための何かをしなくてはならないこととなっています。

例えば古いボイラーを新しいものに変更する、家のヒーターが電気のパネルヒーターだったものを電気のストーレッジヒーターへ変更したり、ボイラーを使うセントラルヒーティングへ変更したりとなります。


このEPCが発行されるとこの証書は10年間有効となります。大家は10年毎にEPCのアセスメントをしなければなりません。失効するとその物件は貸し出しができなくなります。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロンドンの夏

暑いですね。もともと涼しい国なので30度前後まで気温が上がってしまうとお手上げです。エアコンが付いているフラットや家はほとんどありませんし、窓が開いても少ししか開かない窓もありますのでそうなると扇風機くらいしか涼を取る方法はなくなってしまいます。アマゾンUKで DIY Magnetic Fly Screenで検索すると日本の網戸に使うネットと窓枠に付けるテープのセットが売っているので夜の間窓を開け

ロンドン ごみの出し方

一般的な家には黒色、青色、緑色の塩ビのごみ箱があります。青はリサイクル可能なものを入れるもので、段ボール、紙、瓶、カラス類など。緑色は庭で出たごみ、例えば芝刈りの際に出た芝、葉、雑草など。黒色はその他の一般ごみです。 カウンシル毎そしてその地域内で各ごみ箱の回収日が異なっていますのでそれに合わせごみ出しをします。ごみ回収日の早朝にごみ箱を家の前に出し、回収車がごみ箱の中身を回収してくれたらその日中

ロンドン到着後の自己隔離

入ってきた英国のロックダウンも緩んできて日本から学生さんやワーホリの方の渡英が増えてきました。英国に到着後自己隔離が必要ですが、これをシェアハウスなどで行えるかとの問い合わせが何件かありましたので今日はこの件について。 結果から言うとだめです。 自分の部屋に入っているのだから問題ないだろうと考える方も多いようですが、シェアハウスと名前の通り一つ屋根の下で何人かのシェアメイトたちと玄関、キッチン、バ