検索
  • Administrator

EPC (Energy Performance Certificate)

EPCとはEnergy Performance Certificateの頭文字です。すべての賃貸物件(部屋貸し、ルームレットを除く)での賃貸契約の際に必要な書類となります。

まずこれは物件の大家が用意するもので、大家または不動産会社が物件を紹介する際にアプリカントへ見せなければならない書類です。逆に言うとこれがない物件は紹介も案内もできません。不動産会社のWEBを見た際にほとんどの会社が物件ごとにEPCをつけていますがこれはそのためです。


どんな書類かと言うと、その物件がどのくらいエコ(省エネ)かを数値で表したものになります。例えば窓は昔ながらのガラス1枚の窓、二重窓、最新の三重窓。家の中の照明の電球はハロゲン球かLEDか。洗濯機、冷蔵庫は省電力のものかどうか、ボイラーはガスの消費を抑えるものかどうか、壁や天井には断熱材が入っているかどうかなどを採点し、A~Gでランク付けしています。Aはとてもエコ、Gは年中隙間風が入るような昔ながらの物件となります。


これは物件を探している人が家を決める際の指標となるように作られたものですがロンドンでは慢性的な物件不足のためEPCを気にする人はいません、というより比べるほどの物件数がないようです。

例えば郊外(大都市以外)で物件探しをする際に候補の物件がいくつかあり、EPCを見て最終決定をするような際には有効になる書類です。

想像できるようにレーティングがAやBの物件であれば年間の電気代、ガス代は安くなります。


また最近A~Gのランクにもさらに規制が設けられ、ランクがFの物件は貸し出しができなくなりました。

では長年Fランクの物件に住んでいた場合はどうかと言うと大家がランクを上げるための何かをしなくてはならないこととなっています。

例えば古いボイラーを新しいものに変更する、家のヒーターが電気のパネルヒーターだったものを電気のストーレッジヒーターへ変更したり、ボイラーを使うセントラルヒーティングへ変更したりとなります。


このEPCが発行されるとこの証書は10年間有効となります。大家は10年毎にEPCのアセスメントをしなければなりません。失効するとその物件は貸し出しができなくなります。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多