top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

ロンドン ごみの出し方


一般的な家には黒色、青色、緑色の塩ビのごみ箱があります。青はリサイクル可能なものを入れるもので、段ボール、紙、瓶、カラス類など。緑色は庭で出たごみ、例えば芝刈りの際に出た芝、葉、雑草など。黒色はその他の一般ごみです。

カウンシル毎そしてその地域内で各ごみ箱の回収日が異なっていますのでそれに合わせごみ出しをします。ごみ回収日の早朝にごみ箱を家の前に出し、回収車がごみ箱の中身を回収してくれたらその日中にごみ箱を自分の敷地内に戻すようにします。

ごみ箱には蓋が付いていますが、この蓋が空いたままだとごみ回収が行われません。また、たくさんのごみが出てごみ箱の脇に置いておくごみも回収されません。緑色のごみ箱に明らかに一般ごみが混じっている場合も回収されません。

ごみ箱は回収が終わった際に業者(実際はその地区のカウンシル)によっってぞんざいに扱われ回収後に同じ位置に戻されることはありません。隣の家の前に置かれたり、向かい側の家に置かれたりしますのできちんと確認して自分の家のごみ箱は自分で管理することが大事です。

これらのごみ箱は回収が終わったら1日以内に自宅の敷地内に戻さなければなりません(道路や歩道の公共の場所に置いておくことはできません)。これに違反すると罰金が科せられる可能性がありますので気を付けてください。


引っ越しや大量の買い物、家具の買い替えなどで大量のごみが出た際にはカウンシルが運営するリサイクルセンターが便利です。大型の家具、ガラス、庭のごみ(木の枝、芝生)、電化製品、車のオイルなど全てを無料で廃棄することが可能です。

通常はごみを車に積みそのままリサイクルセンターへ向かえばよいのですが、コロナ時期のため予約が必要です。お住まいのカウンシルが運営するリサイクルセンターのウエブサイトをご確認ください。

閲覧数:361回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。 渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。 そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などを

bottom of page