検索
  • Administrator

ULEZ(ウルトラ ロー エミッション ゾーン)


ULEZはロンドンを囲む環状線、North CircularとSouth Circularで囲まれた部分です。

料金は1日に£12.5

1年のうち12月25日のみ無料

車のレジストレーションナンバー(ナンバープレート)で詳しくチェック


従来からのCongestion Charge Zone(渋滞緩和税適用の場所、ロンドンの中心部)に車で入る際に1日£15はそのままです。

夜10時以降から翌朝7時前までは料金かからず。

1年のうち12月25日は無料


このためロンドン中心部まで車でお出かけの際には1日で£27.7かかってしまう可能性があります。支払いを忘れているとペナルティ(罰金)が車の登録住所へ届きます。


たとえ車を所有していなくともこの新しい規制が私たちにとっては良いものではありません。家やフラット内の設備の修理時にワークマンを呼びますが彼らは今までの料金の他にULEZ料金を上乗せしてくることとなります。

例えばSwiss CottageやSJWにお住まいの方がキッチンの排水管を詰まらせてしまったため修理業者を呼ぶ際、コールアウトチャージ(業者に来てもらっただけで発生する金額)が£50ー£100くらい、何かの交換部品が必要になればその金額、30分あるいは1時間単位で発生する工賃が£40-£80/時間、車を止めておくスペースが無ければ駐車料金。これにULEZの料金が加算されることとなります。1日で直せるものだと良いのですが2,3日かかったら£12.5x日数がエクストラでチャージされてしまいます。


ハウスメンテナンスイシューに関しての修理は大家の支払いになりますが前記の料金を見越して家賃設定を行う大家が増えるものと考えます。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多