top of page
検索
  • Administrator

ULEZ(ウルトラ ロー エミッション ゾーン)


ULEZはロンドンを囲む環状線、North CircularとSouth Circularで囲まれた部分です。

料金は1日に£12.5

1年のうち12月25日のみ無料

車のレジストレーションナンバー(ナンバープレート)で詳しくチェック


従来からのCongestion Charge Zone(渋滞緩和税適用の場所、ロンドンの中心部)に車で入る際に1日£15はそのままです。

夜10時以降から翌朝7時前までは料金かからず。

1年のうち12月25日は無料


このためロンドン中心部まで車でお出かけの際には1日で£27.7かかってしまう可能性があります。支払いを忘れているとペナルティ(罰金)が車の登録住所へ届きます。


たとえ車を所有していなくともこの新しい規制が私たちにとっては良いものではありません。家やフラット内の設備の修理時にワークマンを呼びますが彼らは今までの料金の他にULEZ料金を上乗せしてくることとなります。

例えばSwiss CottageやSJWにお住まいの方がキッチンの排水管を詰まらせてしまったため修理業者を呼ぶ際、コールアウトチャージ(業者に来てもらっただけで発生する金額)が£50ー£100くらい、何かの交換部品が必要になればその金額、30分あるいは1時間単位で発生する工賃が£40-£80/時間、車を止めておくスペースが無ければ駐車料金。これにULEZの料金が加算されることとなります。1日で直せるものだと良いのですが2,3日かかったら£12.5x日数がエクストラでチャージされてしまいます。


ハウスメンテナンスイシューに関しての修理は大家の支払いになりますが前記の料金を見越して家賃設定を行う大家が増えるものと考えます。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アマゾンなどで購入できる除湿器は以下の4種類です。 1. Peltier(ペルティエ) 安価(£30-£40くらいで)で購入でき、とても静か。小さなものが多くファン付きと無しの物があり、ファンもコンピューターの内部にあるファンを使ったものなので無音に近い。ほんの少しの風しか出てこないため除湿能力はとても低い。消費電力が25ワットくらいなので24時間使って約20ペンス。 階段下のカバード、小さなワー

ガス代電気代が高くなり家のセントラルヒーティングを使わなかったり、絞って使用される方が多いと思いますが、その際には今まで以上に結露対策をしっかりと行ってください。結露はカビに直結しています。 以前ブログに書きましたが人間は通常生活で1日数リットルの水分を排出します。これは汗だったり、呼吸の際など(冬、窓ガラスに息を吹きかけて絵を描いたことがあるかと思いますがそのハーが水分です)と生活器具から発生す

2022年10月からEnergy price guaranteeが適用されていますがご存じだったでしょうか。1年間で£2500と言う文言を見て/聞いて年間のガス代+電気代の上限が2500ポンドだと誤解している方がいらっしゃるようですので簡単に説明をします。 電気代のギャランティーは; 1ユニット(1Kwh)の電気代の上限が34ペンス。 1日あたりの基本料金が46ペンス。 このため1か月の電気料金は

bottom of page