top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

ULEZ(ウルトラ ロー エミッション ゾーン)


ULEZはロンドンを囲む環状線、North CircularとSouth Circularで囲まれた部分です。

料金は1日に£12.5

1年のうち12月25日のみ無料

車のレジストレーションナンバー(ナンバープレート)で詳しくチェック


従来からのCongestion Charge Zone(渋滞緩和税適用の場所、ロンドンの中心部)に車で入る際に1日£15はそのままです。

夜10時以降から翌朝7時前までは料金かからず。

1年のうち12月25日は無料


このためロンドン中心部まで車でお出かけの際には1日で£27.7かかってしまう可能性があります。支払いを忘れているとペナルティ(罰金)が車の登録住所へ届きます。


たとえ車を所有していなくともこの新しい規制が私たちにとっては良いものではありません。家やフラット内の設備の修理時にワークマンを呼びますが彼らは今までの料金の他にULEZ料金を上乗せしてくることとなります。

例えばSwiss CottageやSJWにお住まいの方がキッチンの排水管を詰まらせてしまったため修理業者を呼ぶ際、コールアウトチャージ(業者に来てもらっただけで発生する金額)が£50ー£100くらい、何かの交換部品が必要になればその金額、30分あるいは1時間単位で発生する工賃が£40-£80/時間、車を止めておくスペースが無ければ駐車料金。これにULEZの料金が加算されることとなります。1日で直せるものだと良いのですが2,3日かかったら£12.5x日数がエクストラでチャージされてしまいます。


ハウスメンテナンスイシューに関しての修理は大家の支払いになりますが前記の料金を見越して家賃設定を行う大家が増えるものと考えます。


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comments


bottom of page