検索
  • Administrator

ULEZ(ウルトラローエミッションゾーン)拡大予定

3月4日にロンドン市長のサディックカーンが発表です。

現在ULEZはロンドンにあるノースサーキュラとサウスサーキュラで結ばれる環状線からロンドン中心部に車で侵入すると1日あたり£12.50をTFL(Transport for London)へ支払わなければなりません。また侵入しなくとも、この環状線内で車を公道に駐車している人も運転をする市内に関わらず支払い義務が発生しています。これが2023年末から23区ある全てのロンドン行政区に適用させると言うことです。ちなみにヒースロー、エンフィールド、サットン、クロイドンなども含まれます。

このチャージは車によってかかるものとかからないものがあります。

ざっくりと分けると2005年より前に初年度登録されたガソリン車、2010年より前に初年度登録されたディーゼル車は排気ガスが汚いとされ、このチャージがかかります。


車の排ガスによる健康被害が大きいとのことで2019にULEZによるチャージが始まり、ロンドンではこれによる収入を期待していたようですがご存じのようにコロナのためのロックダウン、自宅勤務などがあったため車を使う人も少なく、ULEZによる収入が当初の見込みを大幅に下回りました。このためULEZの範囲を拡大すると見ている人もいるようです。


ロシアのウクライナ侵攻も重なりガス、電気料金は今年春には大幅な値上がり、秋には今の3倍くらいまでは上昇するだろうと言われています。物価が急激に上昇している今(2021年2月と2022年2月を比べると立った1年の間に8%弱の物価値上がり。不動産屋なのでRPIを見ています)そしてしばらくはこの物価上昇が続くのが予想されているのに新しいペナルティー?を課すのはどうなんでしょう。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多