検索
  • Administrator

ULEZ(ウルトラローエミッションゾーン)拡大予定

3月4日にロンドン市長のサディックカーンが発表です。

現在ULEZはロンドンにあるノースサーキュラとサウスサーキュラで結ばれる環状線からロンドン中心部に車で侵入すると1日あたり£12.50をTFL(Transport for London)へ支払わなければなりません。また侵入しなくとも、この環状線内で車を公道に駐車している人も運転をする市内に関わらず支払い義務が発生しています。これが2023年末から23区ある全てのロンドン行政区に適用させると言うことです。ちなみにヒースロー、エンフィールド、サットン、クロイドンなども含まれます。

このチャージは車によってかかるものとかからないものがあります。

ざっくりと分けると2005年より前に初年度登録されたガソリン車、2010年より前に初年度登録されたディーゼル車は排気ガスが汚いとされ、このチャージがかかります。


車の排ガスによる健康被害が大きいとのことで2019にULEZによるチャージが始まり、ロンドンではこれによる収入を期待していたようですがご存じのようにコロナのためのロックダウン、自宅勤務などがあったため車を使う人も少なく、ULEZによる収入が当初の見込みを大幅に下回りました。このためULEZの範囲を拡大すると見ている人もいるようです。


ロシアのウクライナ侵攻も重なりガス、電気料金は今年春には大幅な値上がり、秋には今の3倍くらいまでは上昇するだろうと言われています。物価が急激に上昇している今(2021年2月と2022年2月を比べると立った1年の間に8%弱の物価値上がり。不動産屋なのでRPIを見ています)そしてしばらくはこの物価上昇が続くのが予想されているのに新しいペナルティー?を課すのはどうなんでしょう。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は