検索
  • Administrator

RPIと賃貸契約更新

ASTなどの賃貸契約書の条項には契約更新時の家賃の上昇率が記載されているものが多いようです。例えば契約更新の交渉をしているときのRPI(Retail Price Index)と同率の値上げを行うなどと記載があります。

さて、2022年1月19日に発表されたRPIをご存じでしょうか。なんと7.5%です。これがどんな数字かと言うと2021年1月と2022年1月を比較して物価がどのくらい上昇しているかを表したものです。

物価と言うともう一つ、CPI(Consumer Price Index)がありますが賃貸の契約更新時に用いられるのはRPIです。RPIには不動産価格や住宅ローンの上昇なども含まれているためです。

この記事を書いている時点での最新RPIが7.5%なのですが、今、契約更新だとすると現在の家賃から7.5%上昇することになります。

テナントさんにとってみると、ただでさえ物価の高いロンドンでぎりぎりの家賃を払っているのに家賃上昇なんてとんでもないとなります。大家さんから見てみるとどうでしょう。住宅ローンを支払っている方たちは住宅ローンの上昇(ローンがトラッカーの場合)、家やフラットのメンテナンス費用、フラットであればサービスチャージ(共益費、管理費)の上昇などがあるため家賃上昇がないままだと契約更新前の家賃収入よりも少ない家賃収入(家賃収入の減額)となってしまいます。

大家さん、テナントさんがお互いに歩み寄って問題なく契約更新できると良いですね。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は