top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

Energy price guarantee エナジープライスギャランティー

2022年10月からEnergy price guaranteeが適用されていますがご存じだったでしょうか。1年間で£2500と言う文言を見て/聞いて年間のガス代+電気代の上限が2500ポンドだと誤解している方がいらっしゃるようですので簡単に説明をします。


電気代のギャランティーは;

1ユニット(1Kwh)の電気代の上限が34ペンス。

1日あたりの基本料金が46ペンス。


このため1か月の電気料金はこんな風に算出されます。

電気使用料=1か月に何キロワットの電気を使ったか x 34ペンス

基本料金=30日 x 46ペンス = 13.8ポンド


例えば家のブレーカーを落として電気を全く使わなかった月でも基本料金として約13.8ポンドが請求されます。この金額に実際使用した電気の量によって1か月の電気代となります。


ちなみにガス代のギャランティーは以下の通りです。

1ユニット(1Kwh)の電気代の上限が10ペンス。

1日あたりの基本料金が28ペンス。


年間2500ポンドとは一般的な家庭での1年間の電気とガス代の合計金額は平均でこのくらいでしょうとしたものです。電気やガスをたくさん使えばそれに応じて料金は上昇しますから1年間で2500ポンドを簡単に超えてしまいます。さて、このエナジープライスギャランティーですが上記の料金がギャランティーされるのは2023年3月までで、4月1日からは2割の値上げとなります。これにより一般的な家庭での1年間の電気ガスの合計金額は3000ポンドまで上昇します。




閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comments


bottom of page