top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

Energy price guarantee エナジープライスギャランティー

2022年10月からEnergy price guaranteeが適用されていますがご存じだったでしょうか。1年間で£2500と言う文言を見て/聞いて年間のガス代+電気代の上限が2500ポンドだと誤解している方がいらっしゃるようですので簡単に説明をします。


電気代のギャランティーは;

1ユニット(1Kwh)の電気代の上限が34ペンス。

1日あたりの基本料金が46ペンス。


このため1か月の電気料金はこんな風に算出されます。

電気使用料=1か月に何キロワットの電気を使ったか x 34ペンス

基本料金=30日 x 46ペンス = 13.8ポンド


例えば家のブレーカーを落として電気を全く使わなかった月でも基本料金として約13.8ポンドが請求されます。この金額に実際使用した電気の量によって1か月の電気代となります。


ちなみにガス代のギャランティーは以下の通りです。

1ユニット(1Kwh)の電気代の上限が10ペンス。

1日あたりの基本料金が28ペンス。


年間2500ポンドとは一般的な家庭での1年間の電気とガス代の合計金額は平均でこのくらいでしょうとしたものです。電気やガスをたくさん使えばそれに応じて料金は上昇しますから1年間で2500ポンドを簡単に超えてしまいます。さて、このエナジープライスギャランティーですが上記の料金がギャランティーされるのは2023年3月までで、4月1日からは2割の値上げとなります。これにより一般的な家庭での1年間の電気ガスの合計金額は3000ポンドまで上昇します。




閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。 渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。 そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などを

bottom of page