検索
  • Administrator

COVID19 コロナの際の物件案内

不動産会社はアプリカントから問い合わせがあった際にまず写真やビデオなどを送り検討してもらわなくてはなりません。

物件を宣伝する際にはまだテナントが住んでいる物件があります。コロナ感染を防ぐため、また、住んでいるテナントさんのコロナに対する不安などを考慮した上で前もって予定を立て、実際の見学も時間を最小限に抑えなくてはなりません。

物件に入る際にはマスクや手袋、ハンドジェルを使い且つ、可能な限り物件に触れないよう気を付けなければなりません。


物件を何件か回る場合が問題です。政府からのガイダンスでは不動産業者はアプリカントを業者の車に乗せないようにとなっています。日本とは異なり、イギリスではソーシャルディスタンスが2mですから車のような狭い密室では感染の可能性が大幅に上昇します。

業者、アプリカントが物件で待ち合わせをすることとなります。

これに違反した場合の罰則金額は60ポンドから1920ポンドですが業者に課せられます。裁判になった場合は罰金の上限が無くなります。(2020年8月16日現在)

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロンドンの夏

暑いですね。もともと涼しい国なので30度前後まで気温が上がってしまうとお手上げです。エアコンが付いているフラットや家はほとんどありませんし、窓が開いても少ししか開かない窓もありますのでそうなると扇風機くらいしか涼を取る方法はなくなってしまいます。アマゾンUKで DIY Magnetic Fly Screenで検索すると日本の網戸に使うネットと窓枠に付けるテープのセットが売っているので夜の間窓を開け

ロンドン ごみの出し方

一般的な家には黒色、青色、緑色の塩ビのごみ箱があります。青はリサイクル可能なものを入れるもので、段ボール、紙、瓶、カラス類など。緑色は庭で出たごみ、例えば芝刈りの際に出た芝、葉、雑草など。黒色はその他の一般ごみです。 カウンシル毎そしてその地域内で各ごみ箱の回収日が異なっていますのでそれに合わせごみ出しをします。ごみ回収日の早朝にごみ箱を家の前に出し、回収車がごみ箱の中身を回収してくれたらその日中

ロンドン到着後の自己隔離

入ってきた英国のロックダウンも緩んできて日本から学生さんやワーホリの方の渡英が増えてきました。英国に到着後自己隔離が必要ですが、これをシェアハウスなどで行えるかとの問い合わせが何件かありましたので今日はこの件について。 結果から言うとだめです。 自分の部屋に入っているのだから問題ないだろうと考える方も多いようですが、シェアハウスと名前の通り一つ屋根の下で何人かのシェアメイトたちと玄関、キッチン、バ