検索
  • Administrator

COVID19 コロナの際の物件案内

不動産会社はアプリカントから問い合わせがあった際にまず写真やビデオなどを送り検討してもらわなくてはなりません。

物件を宣伝する際にはまだテナントが住んでいる物件があります。コロナ感染を防ぐため、また、住んでいるテナントさんのコロナに対する不安などを考慮した上で前もって予定を立て、実際の見学も時間を最小限に抑えなくてはなりません。

物件に入る際にはマスクや手袋、ハンドジェルを使い且つ、可能な限り物件に触れないよう気を付けなければなりません。


物件を何件か回る場合が問題です。政府からのガイダンスでは不動産業者はアプリカントを業者の車に乗せないようにとなっています。日本とは異なり、イギリスではソーシャルディスタンスが2mですから車のような狭い密室では感染の可能性が大幅に上昇します。

業者、アプリカントが物件で待ち合わせをすることとなります。

これに違反した場合の罰則金額は60ポンドから1920ポンドですが業者に課せられます。裁判になった場合は罰金の上限が無くなります。(2020年8月16日現在)

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は