検索
  • Administrator

COアラーム 一酸化炭素探知機

先に記したスモークアラームと同様、2015年にCOアラームの規制ができました。このアラームを取り付けていなかった大家へ対しての罰則は先ほどと同様です。アラームの取り付け場所は、具体的に木や石炭を燃やす暖炉やかまどのある部屋全てに設置となっています。昔は暖炉は石炭や木を燃やすものがほとんどだったのですが、最近の暖炉はほとんどガス式になっています。郊外の古い家などではいまだにアーガ(かまど)が残っているところもあります。

COアラームが鳴りだした際には使っていた器具のスイッチを切り、窓やドアを開け放ち直ちに外へ出て0800 111 999 (National Gas Emergency Service)へ電話をしアドバイスに従ってください。一酸化炭素は無色無臭ですので屋内に一酸化炭素が残っているのかどうか、燃焼器具から一酸化炭素が出ているのかがわかりませんのでアラームが鳴り止んでも上記のアドバイスに従ってください。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多