top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

COアラーム 一酸化炭素探知機

先に記したスモークアラームと同様、2015年にCOアラームの規制ができました。このアラームを取り付けていなかった大家へ対しての罰則は先ほどと同様です。アラームの取り付け場所は、具体的に木や石炭を燃やす暖炉やかまどのある部屋全てに設置となっています。昔は暖炉は石炭や木を燃やすものがほとんどだったのですが、最近の暖炉はほとんどガス式になっています。郊外の古い家などではいまだにアーガ(かまど)が残っているところもあります。

COアラームが鳴りだした際には使っていた器具のスイッチを切り、窓やドアを開け放ち直ちに外へ出て0800 111 999 (National Gas Emergency Service)へ電話をしアドバイスに従ってください。一酸化炭素は無色無臭ですので屋内に一酸化炭素が残っているのかどうか、燃焼器具から一酸化炭素が出ているのかがわかりませんのでアラームが鳴り止んでも上記のアドバイスに従ってください。



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPCの実情

EPC (Energy Performance Certificate)はその物件がどのくらいエコかを表した証書です。窓がガラス1枚なのか、二重窓、三重窓になっているか、ボイラーは最新のコンデンシングボイラーかどうか、屋根裏に断熱材が入っているか、壁や床に断熱材が入っているか、冷蔵庫は省エネの物かなどを総合的に判断し、AからGに分けられます。現状ではF以下の物件(エコではない物件)は賃貸できません

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

Comments


bottom of page