検索
  • Administrator

一般的な家の玄関の鍵の種類は2つです。一つは自動ロック、といってもドアを閉めるとドア側についているロック部分(円柱を斜めに切ったようなもの)が内部にあるバネに押されて閉まる簡単な作りもの。もう一つはChubキー(タイプ)というもので映画ハリーポッターに出てくる古い形の鍵です。

テナントが退去したからと言って大家が新しいカギに交換することはまずありません。そのため10年も20年も数代にわたるテナントたちが同じ鍵を使って生活していることとなります。日本人だとこの辺を気持ちよく思わない人が多いかと思いますが日本人以外は意外と気にすることなく住む人が多いようです。

大家から渡される家具がオリジナルの鍵のコピーのコピー、、となっていることも多くスムースに鍵が開くのは珍しいのではないでしょうか。小刻みに鍵を出し入れしながら回してあげないと鍵穴が回らないこともしばしばです。

これらの鍵のなかにも近所の合い鍵屋さんで簡単に合い鍵が作れるものと作れないものがあります。鍵を購入する際に登録をし、専用のカードが発行され、合い鍵を作る際にはそのカードを提示し本人確認をしないと鍵が作れないものがあります。これをなくしてしまうと大家から高額な請求があります。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多