検索
  • Administrator

一般的な家の玄関の鍵の種類は2つです。一つは自動ロック、といってもドアを閉めるとドア側についているロック部分(円柱を斜めに切ったようなもの)が内部にあるバネに押されて閉まる簡単な作りもの。もう一つはChubキー(タイプ)というもので映画ハリーポッターに出てくる古い形の鍵です。

テナントが退去したからと言って大家が新しいカギに交換することはまずありません。そのため10年も20年も数代にわたるテナントたちが同じ鍵を使って生活していることとなります。日本人だとこの辺を気持ちよく思わない人が多いかと思いますが日本人以外は意外と気にすることなく住む人が多いようです。

大家から渡される家具がオリジナルの鍵のコピーのコピー、、となっていることも多くスムースに鍵が開くのは珍しいのではないでしょうか。小刻みに鍵を出し入れしながら回してあげないと鍵穴が回らないこともしばしばです。

これらの鍵のなかにも近所の合い鍵屋さんで簡単に合い鍵が作れるものと作れないものがあります。鍵を購入する際に登録をし、専用のカードが発行され、合い鍵を作る際にはそのカードを提示し本人確認をしないと鍵が作れないものがあります。これをなくしてしまうと大家から高額な請求があります。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は