top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

換気扇

キッチンの換気扇は日本でも英国でも同じ様なものが使われていますが大きな違いがあります。

換気扇は調理の際に発生した煙やにおいなどを室外へと排出してくれるものなのですが、そのように働かないものがたくさんあります。換気扇はあるけれど汚れた空気が外へ出るダクトが付いていないものがあります。このタイプだと単純に、汚れた空気が換気扇で吸い込まれ、そのまま排出口からキッチンの中へ排出されるものです。汚れた空気が循環されるだけということになります。

このタイプは古い家やフラットによく見かけられ、もともと換気扇がなかったところに換気扇を取り付けモダン化を図ったが集合住宅の規約に合わないため壁にダクト用の穴があけられない、あるいは工事金額を安くするために壁に穴をあける作業を省略したなど理由は様々です。

このような換気扇がある物件に入居した場合はフィルターを取り付ける。調理の際には必ず窓を開けるなど対策を行ってください。そうしないと家の中が肉や魚の匂いや煙に包まれれることとなってしまいます。


換気扇のガード件フィルター(網目のもの)の名称はフィルターですがこれだけではにおいを取ってくれません。この金属上のフィルターの内側に装着する紙製や活性炭入りのフィルターを使ってください。調理の頻度によりますが月一度から数か月に一度交換しなければならない消耗品です。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPCの実情

EPC (Energy Performance Certificate)はその物件がどのくらいエコかを表した証書です。窓がガラス1枚なのか、二重窓、三重窓になっているか、ボイラーは最新のコンデンシングボイラーかどうか、屋根裏に断熱材が入っているか、壁や床に断熱材が入っているか、冷蔵庫は省エネの物かなどを総合的に判断し、AからGに分けられます。現状ではF以下の物件(エコではない物件)は賃貸できません

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

Comments


bottom of page