検索
  • Administrator

防犯対策

日本でも空き巣や車上荒らしなどがあるようにロンドンでもこのような犯罪はあり、日本よりも数が多いようです。


まず、引っ越しの際にも気を付けなければならないこともあります。あまり治安の良くない地域にある物件に入居する際には、最低でも貴重品、PC、ゲーム、テレビなどはタオルやシーツなどをかけてあるいは段ボールに入れ何を運んでいるかわからないようにすること。以前私の知り合いが治安が悪く、しかし家賃が安い物件へ入居しました。引っ越しが終わり、翌日仕事から帰ってみると泥棒に入られ、新しい家電、PC、カメラ、テレビなどがすべて盗まれていました。

日本人の多い安全な地域であればそこまで気にすることはないと思います。


年末や夏休みで一時帰国する場合は定期的に配達されるものを一時中止(雑誌、新聞、牛乳など)、タイマーなどを使って屋内の照明をランダムに点灯させる、キッチンなどでもタイマーを使ってラジオをつける、防犯アラームを設定するなどが考えられます。また最近の玄関に取り付けるカメラ(携帯に呼び出しとなるもの)なども良いでしょう。

家に人がいる、あるいはいる気配がするのであれば泥棒の侵入の可能性は少なくなります。


近所の人や友達に鍵を預け、週に1,2回訪問してもらうのも良いでしょう。家の住人が留守でも誰かがその家に出入りしているとなれば泥棒も入りにくくなります。また定期郵便物は止められてもダイレクトメールや普通の郵便物は止められません。ドアのポスト口に郵便物がたまっていればその家には人がいないとみられてしまいますから郵便物をポスト口から取り除くだけをお願いしても良いかと思います。


家よりもフラット(日本で言うマンション)の方が安全だからと考える人が多いのですがそれも微妙です。隣の部屋のバルコニーから、上階からバルコニーを経ての侵入、雨どいなどを登っての侵入、きちんとしたポーターがいなければフラットの住人が共同玄関を入る際に勝手に入ってくる者もいます。


狙われたら逃げることは難しいですが、狙われないような努力をすることが大事かと感じます。

以前、テナントさんの家が泥棒に入られました。担当警察官と話をし一番効果的な防犯対策は犬を飼うことと聞き、大家さんに頼み込み犬を飼うことを認めてもらいました。最初は留守にしていても番犬になるからと考えていたのが実際に犬を飼ってみると面倒を見なくてなならなく外出が少なくなりホリデーの期間も短くなったようです。少し違った意味で以前よりは安全になりました。めでたし。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多