検索
  • Administrator

テーブル

せっかくイギリスに来たのですから紅茶でしょうか。

貸家などに置いてあるダイニングテーブルは古いもの(IKEAで売っているようなものではない)が多く、多くがフレンチポリッシュ仕上げがしてあります。一見では木の上にニスが塗ってあるように見えますがそれとは異なり熱や水に弱い性質を持っています。最近の家具などはウレタン塗装されていたり、天板にべニア板やPVCフィルムが貼ってあるため水が染み込むこともなく、ある程度の熱にも耐えてくれますそのため一般の生活には適した家具です。

フレンチポリッシュは天然樹脂をアルコールで溶かしたものを塗り込み、磨き、また塗り込む作業を何度か繰り返すものです。身近なものだとバイオリンの表面にも使われる昔からの塗装です。このような塗装が施された家具はアンティークやそれに近い古い家具が多いのではないでしょうか。

家具付き物件としてその家を借りたのであれば家、家具、設備に対しての日常のメンテナンスがテナントの義務となります。そのためこのような家具の取り扱いにも気を使わなければなりません。

紅茶、コーヒー、緑茶、スープなどを直にフレンチポリッシュ仕上げのテーブルの上に置いてしまうとカップやボールの跡がテーブルにくっきりと残ってしまい拭いても、洗剤を使ってもその跡が消えることはありません。また水などの液体が長時間テーブル上に残ったままでもその跡が付いてしまいます。

温かいものをテーブルの上に置く際にはコースターやマットを敷き、直にテーブルに温かいものを置かないよう注意が必要です。小さなお子様がいらっしゃる家ではテーブル全体をテーブルクロスなどで覆ってしまうのもよいでしょう。



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は