top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

駐車場 路上駐車

物件を探される方で車をお持ちの方がいらっしゃると思います。物件に専用の駐車場/駐車スペースがある場合は良いのですがない場合は確認が必要です。

通常は敷地内に駐車スペースがない場合、カウンシルからResidential Parking Permitを購入することが出来ます。カウンシルから公共の道路に駐車する許可を購入するものです。公共の道路のどこでも駐車可能になるわけではなく決められたエリアの中にある駐車スペースの中への駐車が許可となります。料金は車の種類やカウンシルによっても異なりますので、所有者の住所証明、V5(車の詳細と所有者が記載されている用紙)などと共にカウンシルへ問い合わせないとわかりません。例えばBarnet Councilの1年間の料金は£40~£200ほどです。この違いは車の排ガス(二酸化炭素の排出量)によって決まってきます。全く二酸化炭素を排出しない電気自動車は年間£40。昔の車や排気量の大きな車は£207強(2021年9月15日現在)となり14段階に分かれています。もし車がディーゼル車の場合はこれらに£10が上乗せされた金額となります。


では、カウンシルに申請すれば必ずパーミットが購入できるかと言うとそうではありません。お住まいのエリアの路上駐車可能な場所がいっぱいであれば許可は下りません。また、そういった混んでいるエリアに新しく建てられた建物(マンションタイプの建物)なども許可が下りません。新しいマンションが建てられる前(建築申請)にマンションに住む住人(テナント、オーナーなど)には申請が下りないことが取り決められています。

このような物件にお住まいになる際には近くの月極駐車場を探すか、近くで公道に駐車しても良い場所を探すしかありません。この場所は公道ですが1日24時間、365日誰が駐車しても良い場所で、地元の人々はこのような場所に2台目、3台目の車を停めている方がたくさんいらっしゃいます。


ただし、車を使わないからと言ってMOT(こちらでの車検)や保険を掛けないで公道に駐車しておくことは違法ですので気を付けてください。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comments


bottom of page