検索
  • Administrator

駐車場 路上駐車

物件を探される方で車をお持ちの方がいらっしゃると思います。物件に専用の駐車場/駐車スペースがある場合は良いのですがない場合は確認が必要です。

通常は敷地内に駐車スペースがない場合、カウンシルからResidential Parking Permitを購入することが出来ます。カウンシルから公共の道路に駐車する許可を購入するものです。公共の道路のどこでも駐車可能になるわけではなく決められたエリアの中にある駐車スペースの中への駐車が許可となります。料金は車の種類やカウンシルによっても異なりますので、所有者の住所証明、V5(車の詳細と所有者が記載されている用紙)などと共にカウンシルへ問い合わせないとわかりません。例えばBarnet Councilの1年間の料金は£40~£200ほどです。この違いは車の排ガス(二酸化炭素の排出量)によって決まってきます。全く二酸化炭素を排出しない電気自動車は年間£40。昔の車や排気量の大きな車は£207強(2021年9月15日現在)となり14段階に分かれています。もし車がディーゼル車の場合はこれらに£10が上乗せされた金額となります。


では、カウンシルに申請すれば必ずパーミットが購入できるかと言うとそうではありません。お住まいのエリアの路上駐車可能な場所がいっぱいであれば許可は下りません。また、そういった混んでいるエリアに新しく建てられた建物(マンションタイプの建物)なども許可が下りません。新しいマンションが建てられる前(建築申請)にマンションに住む住人(テナント、オーナーなど)には申請が下りないことが取り決められています。

このような物件にお住まいになる際には近くの月極駐車場を探すか、近くで公道に駐車しても良い場所を探すしかありません。この場所は公道ですが1日24時間、365日誰が駐車しても良い場所で、地元の人々はこのような場所に2台目、3台目の車を停めている方がたくさんいらっしゃいます。


ただし、車を使わないからと言ってMOT(こちらでの車検)や保険を掛けないで公道に駐車しておくことは違法ですので気を付けてください。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

電気、ガスのスマートメーター

電気メーターやガスメーターがスマートメーターに交換されている物件を目にします。このような物件を借りる際に、あるいはスマートメーターを取り付ける際に気をつけるべきことがいくつかあります。 良いこと; 1.毎月の電気代やガス代のEstimateによる請求が無くなる 請求書を見るとメーターリーディングの頭やお尻にEと表記されていることがありますがこれがEstimate(今までの使用量に基づいた予想のメー

カウンシルタックスの割引

無くなりますカウンシルタックスは1物件に2人が住むことを元に計算されています。そのため物件にお一人でお住まいになれば割引が適用されます。 フルタイムの学生さんだとこれが免除になりますが語学学校、大学、大学院や学校での勉強時間などによって免除になったりならなかったりするようですので学生課などに問い合わせをすることをお勧めします。 さて、一軒家に友達同士で入居したとします。1人はフルタイムの大学生、も

車庫/ガレージ付の家

昔のミニ(Mr.ビーンの乗っていた車)など昔の車はサイズも小さなものが多かったのでガレージに入れることが出来たでしょうが車のサイズが大きくなった現代ではガレージに入る車種が限定されてきます。 一般的な家についているガレージのサイズは幅2.4m~2.7mx奥行4.9m~5.5mくらいの物かと思います。ただしこれはガレージ本体の大きさです。 ガレージにはシャッターが付いていますが、一般的なシャッターの