検索
  • Administrator

駐車場 路上駐車

物件を探される方で車をお持ちの方がいらっしゃると思います。物件に専用の駐車場/駐車スペースがある場合は良いのですがない場合は確認が必要です。

通常は敷地内に駐車スペースがない場合、カウンシルからResidential Parking Permitを購入することが出来ます。カウンシルから公共の道路に駐車する許可を購入するものです。公共の道路のどこでも駐車可能になるわけではなく決められたエリアの中にある駐車スペースの中への駐車が許可となります。料金は車の種類やカウンシルによっても異なりますので、所有者の住所証明、V5(車の詳細と所有者が記載されている用紙)などと共にカウンシルへ問い合わせないとわかりません。例えばBarnet Councilの1年間の料金は£40~£200ほどです。この違いは車の排ガス(二酸化炭素の排出量)によって決まってきます。全く二酸化炭素を排出しない電気自動車は年間£40。昔の車や排気量の大きな車は£207強(2021年9月15日現在)となり14段階に分かれています。もし車がディーゼル車の場合はこれらに£10が上乗せされた金額となります。


では、カウンシルに申請すれば必ずパーミットが購入できるかと言うとそうではありません。お住まいのエリアの路上駐車可能な場所がいっぱいであれば許可は下りません。また、そういった混んでいるエリアに新しく建てられた建物(マンションタイプの建物)なども許可が下りません。新しいマンションが建てられる前(建築申請)にマンションに住む住人(テナント、オーナーなど)には申請が下りないことが取り決められています。

このような物件にお住まいになる際には近くの月極駐車場を探すか、近くで公道に駐車しても良い場所を探すしかありません。この場所は公道ですが1日24時間、365日誰が駐車しても良い場所で、地元の人々はこのような場所に2台目、3台目の車を停めている方がたくさんいらっしゃいます。


ただし、車を使わないからと言ってMOT(こちらでの車検)や保険を掛けないで公道に駐車しておくことは違法ですので気を付けてください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多