top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

電気ヒーター 2

1の続きです。

それでは賃貸で入ったフラットに古いタイプの電気ヒーターが付いているので大家さんにお願いして最新の電気ヒーターに交換してもらえるか。

もちろん、大家が快く了承してくれれば問題はありませんが実際には快く了承する大家は少ないでしょう。1つ目の問題は工事費が高いためです。昔のタイプの電気ヒーターを最新のハイブリッド式の電気ヒーターに交換する際はおそらくフューズボックス(ブレーカー)のフューズ交換、フーズボックスから電気ヒーターまでの配線(通常床下や壁の中)の交換が必要になることが多いようです。配線や器具の取り付けが終われば今度はデコレーターが壁や床をもとの状態へ修復。これらの作業には数日ワークマン(作業員)が出入りすることとなりますし、ヒーター本体、配線などを見ると大家にとっては高額な出費となります。2つ目はワークマンが部屋に出入りする中でごみや埃にまみれた部屋でヒーター無しの時間を過ごさなけれならないことです。

このため現在このような物件にお住いの方は最新のポータブルヒーター(キャスター付きのオイルヒーターなど)を購入するのが良いかもしれません。引っ越ししても予備のヒーターとして使えますからね。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comments


bottom of page