検索
  • Administrator

電気ヒーター 1

イギリスでのヒーティング(暖房)でセントラルヒーティングの次に多いのが電気ヒーターかと思います。電気ヒーターが各部屋や廊下についているタイプの暖房です。

まず、電気ヒーターはセントラルヒーティングではありません。セントラルヒーティングとはガスや電気ボイラーなど1か所で作った熱(お湯)を各部屋へ届け家やフラットを温めるものです。家やフラット内にいくつかの電気ヒーターが壁に取り付けてあってもこれらは個別に熱を作るものですからセントラルヒーティングではありません。

さて、この電気ヒーターですが大きく分けると2種類のヒーターがあります。1つは電気ストーブです。これは日本でもおなじみのスイッチを入れると赤くなってすぐに暖かくなるタイプのものです。ご存じのようにこのタイプのヒーターの消費電力は結構高く1500-3000ワットです。2020年夏の電気代は2000ワットを1時間使い約37ペンス強です。例えばスタジオフラットに2000ワットの電気ヒーターが1つあり、コロナのため在宅勤務で1日15時間ヒーターを使ったとすると単純に約5.6ポンド、1か月在宅勤務が続くと約170ポンド=25500円(1ポンド150円換算)です。もちろん、大抵の電気ヒーターにはサーモスタットが付いているため上記の計算程電気代は上がりませんが、建物の壁、床、天井に断熱材が入っていない、窓が二重窓や三重窓ではない、気密が低い(隙間風が入ってくる)など部屋の温度が十分に上がらない場合にはその分電気ヒーターがONになっている時間が増えるため上記の金額に近くなってくる可能性があります。

もう1つのタイプは同じ電気ヒーターでもストーレッジヒーターと呼ばれるものです。これは電気料金の安い夜間電力を使いヒーター内部に設置されているセラミックなど(煉瓦や陶器のような材質)を温め、日中(電気代が高い時間)にその熱を少しづつ放出するものです。使い始めは蓄熱をした翌日からとなり、放熱してしまえばそれ以上暖かくなることはありません。

このタイプで電気料金は下がるものの暖房時間が短いため、夜間暖房ができないため不都合が多く、そこで作られたのが上記1と2のハイブリッドです。これは安い夜間料金で蓄熱ししかも通常の電気ストーブ的な使い方もできるものですので省電力です。最近のフラットにはこのタイプのものが取り付けられていますが古いフラットではまだまだ上記1や2のヒーターが取り付けられている物件もたくさんあるようです。





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多