top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

電気、ガスのスマートメーター

電気メーターやガスメーターがスマートメーターに交換されている物件を目にします。このような物件を借りる際に、あるいはスマートメーターを取り付ける際に気をつけるべきことがいくつかあります。

良いこと;

1.毎月の電気代やガス代のEstimateによる請求が無くなる

請求書を見るとメーターリーディングの頭やお尻にEと表記されていることがありますがこれがEstimate(今までの使用量に基づいた予想のメーターリーディング)です。このため実際の使用量とは異なり、よって請求金額に誤差が発生します。

スマートメーターは各業者がインターネットで実際のメーターリーディングを確認するため毎月正しい請求が届きます。

2.毎月のメーターリーディングをしなくても良い

各業者がネットを使いメーターをチェックするため住んでいる方は自分でチェックする必要はなくなります。

3.スマートメーターは各業者が無料で取り付けを行います。


悪いところ;

4.毎月の電気代ガス代は安くなりません。

スマートメーターを取り付けたからと言って使用量が安くなることはありません。

5.各業者によって使えるスマートメーターが異なる。

例えばBritish GasとEDFでは互換性の無いスマートメーターを使用している(会社名は例として挙げているもので実際に確認していません)ところがあるため、安い電気会社、ガス会社に乗り換えた際に既存のスマートメーターは"スマート”としての機能は使えない=ガスメーター、電気メーターとしての機能のみ、の可能性があります。


電気、ガス会社の下請け会社からスマートメーターに交換しなくてはならない(住んでいる人の義務ですよ)などとの電話がありますが、これは断っていただいて結構です。2021年10月現在でスマートメーターへ交換するのは任意です。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPCの実情

EPC (Energy Performance Certificate)はその物件がどのくらいエコかを表した証書です。窓がガラス1枚なのか、二重窓、三重窓になっているか、ボイラーは最新のコンデンシングボイラーかどうか、屋根裏に断熱材が入っているか、壁や床に断熱材が入っているか、冷蔵庫は省エネの物かなどを総合的に判断し、AからGに分けられます。現状ではF以下の物件(エコではない物件)は賃貸できません

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

Comments


bottom of page