検索
  • Administrator

電気、ガスのスマートメーター

電気メーターやガスメーターがスマートメーターに交換されている物件を目にします。このような物件を借りる際に、あるいはスマートメーターを取り付ける際に気をつけるべきことがいくつかあります。

良いこと;

1.毎月の電気代やガス代のEstimateによる請求が無くなる

請求書を見るとメーターリーディングの頭やお尻にEと表記されていることがありますがこれがEstimate(今までの使用量に基づいた予想のメーターリーディング)です。このため実際の使用量とは異なり、よって請求金額に誤差が発生します。

スマートメーターは各業者がインターネットで実際のメーターリーディングを確認するため毎月正しい請求が届きます。

2.毎月のメーターリーディングをしなくても良い

各業者がネットを使いメーターをチェックするため住んでいる方は自分でチェックする必要はなくなります。

3.スマートメーターは各業者が無料で取り付けを行います。


悪いところ;

4.毎月の電気代ガス代は安くなりません。

スマートメーターを取り付けたからと言って使用量が安くなることはありません。

5.各業者によって使えるスマートメーターが異なる。

例えばBritish GasとEDFでは互換性の無いスマートメーターを使用している(会社名は例として挙げているもので実際に確認していません)ところがあるため、安い電気会社、ガス会社に乗り換えた際に既存のスマートメーターは"スマート”としての機能は使えない=ガスメーター、電気メーターとしての機能のみ、の可能性があります。


電気、ガス会社の下請け会社からスマートメーターに交換しなくてはならない(住んでいる人の義務ですよ)などとの電話がありますが、これは断っていただいて結構です。2021年10月現在でスマートメーターへ交換するのは任意です。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多