top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

車庫/ガレージ付の家


昔のミニ(Mr.ビーンの乗っていた車)など昔の車はサイズも小さなものが多かったのでガレージに入れることが出来たでしょうが車のサイズが大きくなった現代ではガレージに入る車種が限定されてきます。


一般的な家についているガレージのサイズは幅2.4m~2.7mx奥行4.9m~5.5mくらいの物かと思います。ただしこれはガレージ本体の大きさです。

ガレージにはシャッターが付いていますが、一般的なシャッターの幅は2.2m~2.5mくらいです。

さて車の大きさはどうでしょう。英国で人気のSUV, 日産Qashqai の幅はミラーが通常の状態で約2.1mx長さ4.4mです。この車をガレージに入れる際にシャッターの幅2.2m~2.5mをすり抜けガレージの中に車を停めます。さて、車を降りる際に車のドアを開けますがドアを開けすぎるとドアが壁にぶつかってしまいます。

車がBMWの5シリーズのワゴン車はどうでしょう。この車は小さなお子さんが2人くらいいらっしゃる駐在員さん家族に人気の車です。この車の横幅は約2.1mx長さ約5mです。車幅は上記日産と変わりませんが長さが約5mなので、小さなガレージには収まりません。5.5mの奥行があるガレージでも駐車時の前に25㎝、後ろに25㎝ではあまりにも余裕がなさすぎです。また前記同様にドアを開けるのにも苦労するでしょう。


例えガレージ付の家でも車がガレージ内に収まるとは限りません。もちろん大きなガレージがついている家やダブルガレージ付の家などはあるでしょう。しかしこのような大きなガレージ付の家があるのは郊外あるいは郊外寄りの大きな家となるため家賃が£4000の4-5ベッドルームハウスが最低ラインとなるかと思います。


家についているガレージは物置、車はドライブウエイ(敷地内、玄関前の車を停めるスペース)に割り切って物件探しをされることをお勧めします。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPCの実情

EPC (Energy Performance Certificate)はその物件がどのくらいエコかを表した証書です。窓がガラス1枚なのか、二重窓、三重窓になっているか、ボイラーは最新のコンデンシングボイラーかどうか、屋根裏に断熱材が入っているか、壁や床に断熱材が入っているか、冷蔵庫は省エネの物かなどを総合的に判断し、AからGに分けられます。現状ではF以下の物件(エコではない物件)は賃貸できません

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

Comments


bottom of page