top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

車庫/ガレージ付の家


昔のミニ(Mr.ビーンの乗っていた車)など昔の車はサイズも小さなものが多かったのでガレージに入れることが出来たでしょうが車のサイズが大きくなった現代ではガレージに入る車種が限定されてきます。


一般的な家についているガレージのサイズは幅2.4m~2.7mx奥行4.9m~5.5mくらいの物かと思います。ただしこれはガレージ本体の大きさです。

ガレージにはシャッターが付いていますが、一般的なシャッターの幅は2.2m~2.5mくらいです。

さて車の大きさはどうでしょう。英国で人気のSUV, 日産Qashqai の幅はミラーが通常の状態で約2.1mx長さ4.4mです。この車をガレージに入れる際にシャッターの幅2.2m~2.5mをすり抜けガレージの中に車を停めます。さて、車を降りる際に車のドアを開けますがドアを開けすぎるとドアが壁にぶつかってしまいます。

車がBMWの5シリーズのワゴン車はどうでしょう。この車は小さなお子さんが2人くらいいらっしゃる駐在員さん家族に人気の車です。この車の横幅は約2.1mx長さ約5mです。車幅は上記日産と変わりませんが長さが約5mなので、小さなガレージには収まりません。5.5mの奥行があるガレージでも駐車時の前に25㎝、後ろに25㎝ではあまりにも余裕がなさすぎです。また前記同様にドアを開けるのにも苦労するでしょう。


例えガレージ付の家でも車がガレージ内に収まるとは限りません。もちろん大きなガレージがついている家やダブルガレージ付の家などはあるでしょう。しかしこのような大きなガレージ付の家があるのは郊外あるいは郊外寄りの大きな家となるため家賃が£4000の4-5ベッドルームハウスが最低ラインとなるかと思います。


家についているガレージは物置、車はドライブウエイ(敷地内、玄関前の車を停めるスペース)に割り切って物件探しをされることをお勧めします。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。 渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。 そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などを

bottom of page