検索
  • Administrator

車の保険を安くする

こちらで車をお持ちの方は保険料が高くて驚いている人もいるのではないでしょうか。早速ですが安くする方法です。


まず、同じ保険会社での更新を避けることをお勧めします。

英国だと確実に高くなります。更新時期になると翌年分の保険料の見積もりが送られてきますがその金額は上昇しています。何度か電話で理由を聞こうとしたことがありますがその金額がリーズナブルだからとの答えしか返って来ません。こんなところで時間を無駄にするよりコンペアサイト(インターネットの比較サイト)で見積もりを取る方が良いです。いろいろなサイトがあるのでいくつかを使ってみることをお勧めします。同じ条件で保険を探しても見積もり金額に差が出てきます。

そして更新時期です。契約満了ギリギリでの更新や28日より前の更新は高くなります。あるサイトによると更新の23日前が一番保険料が下がるようです。


これだけで保険料はぐっと下がります。他にもコンペアサイトへ個人情報を記載する際の職種によって保険料が違ってくるとか、条件によっては自分以外のドライバーをセカンドドライバーとして登録すると保険料が下がるなど細かいことはあるようですが割愛させていただきます。

安くするには、自動更新はしない、です。





閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は