top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。

渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。

そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などをまだ決定していない方はSheffield(シェフィールド)やLiverpool(リバプール)を選んでみてはいかがでしょうか。

ニュースによるとイングランド内で一番物件が見つかり安いのはSheffield(シェフィールド)だそうです。しかも現在の空き物件の平均家賃が月額£717と他のエリアよりもだいぶ低いようです。次いで見つかりやすやすいのはリバプールで平均家賃はは£664。ロンドンの平均家賃は£1751ですから、ロンドンじゃなきゃならない理由がないのであればロンドン以外のエリアを探してみるのも良いでしょう。

円安の今、シェアハウスで月£900、交通費や食費などの生活費が最低£400として毎月£1300=¥240,000=年¥2,900,000が消えていきます。これには遊んだりする金額は含まれません。生活の質を向上させるのであれば地方に住むことを考慮しても良いかと思います。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comentarios


bottom of page