top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

賃貸物件のマーケット2023年8月

お問合せの多い小さな物件の状況です。

まず、物件が少ないのは変わりがありません。学生、YMSビザなどで最近渡英されていらっしゃる方から物件が無いと言う話をよく耳にしますが今からもう少し悪い状況が訪れます。

イングランドにはAレベルと言う大学入学資格のようなものがあります。試験での成績が良ければ希望の大学へ入学可能、悪ければ入学できないもので日本で言うと共通一次試験が近いのかなと思います。その結果発表が8月17日です。

日本の大学入学前の3月、4月は大学の周りで一人暮らしができるアパートやマンションが無くなります。イングランドでも似たような状態となります。もちろん、大学には学生寮もあるのですが世界各国から学生が集まるロンドンでは学生寮も全く足りていません。そのためこれらの学生たちがルームレット(部屋貸し)、スタジオフラット(1ルームマンション、アパート)、1ベッドルームフラット(1DK、1LDKマンション、アパート)を借り始めます。

お仕事で渡英される方の中にも1ベッドルームフラットなどを探される方が多いため、学生と働いている方がこのサイズの物件を競合することとなります。


ルームレットの家賃は安くとも月£700。場所、設備、広さ、ビル込みなどによっても異なりますが、日本の8畳ー10畳くらいのお部屋で月£1000を超えるものも多く目にするようになりました。この記事を書いている時点で£1=¥182ですから約18万円を払っても共用のキッチン、バスルームの部屋しか借りられないことになります。


家賃が上昇しているのには原因があります。

電気代、ガス代が約1年前の3倍以上に値上がりしています。

カウンシルタックスも昨年から5%-15%値上がりしています。

住宅ローンの金利も約1.5%→6%へ上昇しました。

賃貸物件への規制の強化(エコな物件でなければ貸せなくなる)

など、この先も家賃が下がる要件がありません。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。 渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。 そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などを

bottom of page