top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

賃貸契約 デポジット 2

DepositはReturnable Depositです。これは日本と同様に契約終了後この金額は全てテナントへ返却されることとなります。Depositが機関に預けられていた場合はその機関からテナントへ直接送金、大家や不動産業者が預かっていた場合はそちらからの返却となります。返却にならない場合、遅い場合はDeposit Protection Schemeの団体へクレームを入れることができます。例えばDepositの返却がないまま、Depositを保管している不動産会社が倒産してしまってもその団体が保証をしてくれます。

昔は大家や不動産会社がDepositを保管していましたがテナントの退去後Depositの返却をしない業者や大家が多く、立場の弱いテナントを助けるため国が重い腰を上げこの制度を作りました。

このスキームは個人契約のみについて使用されます。部屋貸し(ルームレット)や会社契約はこのスキームの対象外です。会社契約にも関わらずDepositをこのスキームに預けたりするおかしな会社がありますが、そのような不動産会社は担当者が個人契約と会社契約を混同しています。間違いです。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comments


bottom of page