検索
  • Administrator

賃貸契約 デポジット 2

DepositはReturnable Depositです。これは日本と同様に契約終了後この金額は全てテナントへ返却されることとなります。Depositが機関に預けられていた場合はその機関からテナントへ直接送金、大家や不動産業者が預かっていた場合はそちらからの返却となります。返却にならない場合、遅い場合はDeposit Protection Schemeの団体へクレームを入れることができます。例えばDepositの返却がないまま、Depositを保管している不動産会社が倒産してしまってもその団体が保証をしてくれます。

昔は大家や不動産会社がDepositを保管していましたがテナントの退去後Depositの返却をしない業者や大家が多く、立場の弱いテナントを助けるため国が重い腰を上げこの制度を作りました。

このスキームは個人契約のみについて使用されます。部屋貸し(ルームレット)や会社契約はこのスキームの対象外です。会社契約にも関わらずDepositをこのスキームに預けたりするおかしな会社がありますが、そのような不動産会社は担当者が個人契約と会社契約を混同しています。間違いです。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は