top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

買う、借りる どちらが得か 2023年8月

大手不動産サーチ会社によると、UKの平均として借りる方が得だそうです。

UKの賃貸の平均は£1163。住宅ローンの平均は£1285。この住宅ローンはファーストタイムバイヤーがUKの売買平均価格である£263,000の物件を購入する際に、頭金15%を支払った際の元利返済型の住宅ローンを組んだ際のものです。

元の記事にその他の比較条件が書いていなかったので中途半端な記事のようですが、単純に1か月分の家賃と1か月分の住宅ローンを比べたものなのでしょう。


実際に不動産を購入すると、サービスチャージ(管理費、共益費)、リース、保険、物件や家の中の器具の修繕費などもかかるためローン以外にも出費が多くなりますが、将来も不動産の資産価値が下がることは無いので(上昇する物件が大半)買えるのであれば買った方が得だと思います。

ちなみに現在の住宅ローンの金利ですが、一般的な2年間の固定金利の物で約6.75%、2年前の金利が約2.34%だそうです。知人などを聞いてみると今が約5-6%、2年前が約1.5%くらいだった方々が多いようです。近所で新しめの2LDKフラットを買おうとすると約¥93,000,000。これに6.75%の金利が付くと考えるとなかなか手が出ませんが。







閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Σχόλια


bottom of page