検索
  • Administrator

結露 部屋の温度を上げる 2

では寝室ではなくオープンプランキッチンが付いているリビングルームだったりしたらどうでしょう。1日に3食分の調理をする際に水を使い、炊飯器を使い、パスタを茹で、スープを作り、電子レンジで何かを温めて湯気が出たり、、ほとんど全ての調理時において水分が空気中に放出されています。調理の最中や終えてしばらくたっても換気扇をつけておく、あるいは窓を開けて換気することで結露の量を減らすことが可能です。


さて、部屋の温度を上げるです。例えば寝室やボックスルームなどの数が多く、しかもそれらの部屋を荷物置きとしてのみ使っていたり(寝室や書斎としては使っていない)、ベッドはあるけどドアは年中閉めたままにしていたりする方に有効な結露対策です。恐らく通常使っていない部屋の暖房はオフにしているのではないでしょうか。例えば5ベッドの家に家族4人、夫婦は主寝室、息子がシングルベッドルーム、娘がシングルベッドルーム、残りの2部屋は物置として使っているなどの場合です。物置の2部屋のラジエターは閉じ冬季も寒いまま。これでは前回に記したようにリビングルームで温められ多量の水分を含んだ空気が室温の低い物置に流れ込み、部屋に空気が水分を保持できず窓や壁に結露となり現れます。物置ですから頻繁に出入りする場所ではありません。そのため濡れたままの壁、床、天井、窓枠などが放置されカビが発生することとなってしまいます。

これらの部屋は通常2階(ファーストフロア)に位置するでしょから、キッチンで発生した水蒸気に加え、家族がお風呂に入ったりシャワーを浴びたりする際の水分も流れ込んでくることとなります。

使っていない部屋でもセントラルヒーティングはオン且つ定期的に換気をすることをお勧めします。しまってある家具や服なども湿気から守れることとなります。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は