top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

結露 部屋の温度を上げる 2

では寝室ではなくオープンプランキッチンが付いているリビングルームだったりしたらどうでしょう。1日に3食分の調理をする際に水を使い、炊飯器を使い、パスタを茹で、スープを作り、電子レンジで何かを温めて湯気が出たり、、ほとんど全ての調理時において水分が空気中に放出されています。調理の最中や終えてしばらくたっても換気扇をつけておく、あるいは窓を開けて換気することで結露の量を減らすことが可能です。


さて、部屋の温度を上げるです。例えば寝室やボックスルームなどの数が多く、しかもそれらの部屋を荷物置きとしてのみ使っていたり(寝室や書斎としては使っていない)、ベッドはあるけどドアは年中閉めたままにしていたりする方に有効な結露対策です。恐らく通常使っていない部屋の暖房はオフにしているのではないでしょうか。例えば5ベッドの家に家族4人、夫婦は主寝室、息子がシングルベッドルーム、娘がシングルベッドルーム、残りの2部屋は物置として使っているなどの場合です。物置の2部屋のラジエターは閉じ冬季も寒いまま。これでは前回に記したようにリビングルームで温められ多量の水分を含んだ空気が室温の低い物置に流れ込み、部屋に空気が水分を保持できず窓や壁に結露となり現れます。物置ですから頻繁に出入りする場所ではありません。そのため濡れたままの壁、床、天井、窓枠などが放置されカビが発生することとなってしまいます。

これらの部屋は通常2階(ファーストフロア)に位置するでしょから、キッチンで発生した水蒸気に加え、家族がお風呂に入ったりシャワーを浴びたりする際の水分も流れ込んでくることとなります。

使っていない部屋でもセントラルヒーティングはオン且つ定期的に換気をすることをお勧めします。しまってある家具や服なども湿気から守れることとなります。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

コメント


bottom of page