検索
  • Administrator

結露 部屋の温度を上げる 1

部屋のカビからの続きです。

カビの発生の原因になるものの一つに結露があります。結露は部屋の温度、湿度と関係しています。まず、空気は温度によって保持できる水分の量が異なります。気温が高ければたくさんの水分を、気温が低ければ少しの水分が含しか保持できません。例えば冬季に暖房を使い寝室の室温を25度まで温めます。この際に小さめのダブルベッドルーム内の保持できる水分量は1150g(1リットル以上の水分が空気中に漂っています)くらいです。就寝中は暖房はしていないでしょうから翌朝には室温が下がっています。例えば明け方の室温が10度まで下がったとしたとき、寝室内の空気の保持できる水分量は470g程度まで落ちてしまいます。室温25度と室温10度の際の水分差が680gですが空気中で漂うことができなくなり結果として窓ガラス、窓枠、部屋の隅などに結露となって現れます。朝起きた時に布団やシーツなどが湿気っぽいと感じるのは布団やシーツなどがこの水分(湿気)を吸収してしまうためです。

また、ヒトは就寝中に水分を放出します、平均的な就寝中の発汗は500gくらいです。例えば2人(カップルや夫婦など)が就寝するだけで約1リットルの水分が排出されてしまいます。そうすると前述の水分680gと合わせて1.7リットルの水分が結露として発生したり、布団やシーツなどが湿気ってしまうこととなります。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロンドンの夏

暑いですね。もともと涼しい国なので30度前後まで気温が上がってしまうとお手上げです。エアコンが付いているフラットや家はほとんどありませんし、窓が開いても少ししか開かない窓もありますのでそうなると扇風機くらいしか涼を取る方法はなくなってしまいます。アマゾンUKで DIY Magnetic Fly Screenで検索すると日本の網戸に使うネットと窓枠に付けるテープのセットが売っているので夜の間窓を開け

ロンドン ごみの出し方

一般的な家には黒色、青色、緑色の塩ビのごみ箱があります。青はリサイクル可能なものを入れるもので、段ボール、紙、瓶、カラス類など。緑色は庭で出たごみ、例えば芝刈りの際に出た芝、葉、雑草など。黒色はその他の一般ごみです。 カウンシル毎そしてその地域内で各ごみ箱の回収日が異なっていますのでそれに合わせごみ出しをします。ごみ回収日の早朝にごみ箱を家の前に出し、回収車がごみ箱の中身を回収してくれたらその日中

ロンドン到着後の自己隔離

入ってきた英国のロックダウンも緩んできて日本から学生さんやワーホリの方の渡英が増えてきました。英国に到着後自己隔離が必要ですが、これをシェアハウスなどで行えるかとの問い合わせが何件かありましたので今日はこの件について。 結果から言うとだめです。 自分の部屋に入っているのだから問題ないだろうと考える方も多いようですが、シェアハウスと名前の通り一つ屋根の下で何人かのシェアメイトたちと玄関、キッチン、バ