検索
  • Administrator

短期契約 1

短期契約とは一般的にどのくらいの期間を指すのでしょうか。一般的なフラットや家の賃貸契約(AST契約ですが、説明が長くなるので簡単に行きます)の最短契約期間が6か月と決まっていますのでそれ以下は短期契約と呼べるかと思います。

これは会社契約やシェアハウス(部屋貸し)などの契約には当てはまりませんがほとんどの大家さんが前記の契約と同様に考えています。それでは大家さんたちは長期契約(ここではわかりやすく6か月以上としておきましょう)と短期契約どちらを望んでいるかと言うと圧倒的に長期契約を望む大家さんが多いようです。理由は簡単で短期契約は面倒だから。お部屋が空いた場合大家さんはいくつかの不動産会社へ連絡し自分の部屋、物件が空いたことを伝えます。各不動産会社は宣伝で使うための写真や動画を取るために物件訪問を行います。アプリカントさんがいれば案内を行います。その度ごとに大家さんが物件へ鍵を開けに行ったり、不動産会社へ鍵を貸し出すこととなります。物件にオファーが入れば決まらなかった不動産会社へ物件紹介をストップするように連絡。例えば1年間に3か月の契約が4回あればこれらの作業を4回繰り返すこととなります。確かに手間がかかりますよね。実際には短期契約できるのは1年のうち90日などの規制もあるのですがここでは無視しましょう。

また、短期契約の契約満了が冬(11月~2月)くらいになってしまうと次のテナントさんを探すのが難しくなるため、こうなると大家さんはなかなか短期契約をOKしてくれなくなります。

この国ではクリスマスやクリスマス前後にホリデーを取られる方がたくさんいらっしゃいます。ホリデーを取らなくともクリスマスプレゼントや帰省などでお金が出ていく季節となりますので好んでこの時期に引っ越しを考える方は多くありません。しかも英国の標準時間の冬は午後3時くらいには暗くなるため物件を見に出かける気も失せてしまいます。

それでは短期物件を探されている方はどうすればよいのでしょうか。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は