検索
  • Administrator

短期契約2

大家さんにあなたと短期契約することに魅力を感じさせると短期契約ができる確率が上がります。さて具体的にはどんなことでしょうか。

まず、1.広告されている家賃よりも高い金額をオファーすること、そして、2.まとまった金額(例えば滞在する期間の家賃全額、2か月分3か月分などを)契約時に前払いすることが挙げられるでしょう。あるいは、3.2-3か月の短期の滞在でも6か月の賃貸契約を行うなども考えられます。自分が大家の立場だったらアプリカントからどんなオファーが来ればうれしいかを考えれば答えが出てくると思います。

もちろん、アプリカントさんが直接大家と話をしたり交渉したりすることは無いと思います。これらの交渉は不動産業者が行うのですがその担当者にきちんと説明をして大家とうまく交渉してもらってください。

上記の3番の際に気を付けることは、基本的に契約期間中はテナントとしての義務が常に発生していることです。部屋貸しで無ければ電気、ガス、水道料金、カウンシルタックスなどもテナントさんが支払いを行います。6か月契約を締結し、3か月で退去したとしても残りの3か月分(契約書に記載されている契約満了まで)の公共料金の支払いは行わなければなりません。敷金(Deposit)が返金となるのは契約終了後となりますから、たとえ3か月で退去したとしても契約書上の契約満了が来ないと敷金は帰ってこないことになります。


通常の賃貸物件で短期契約を行わなくても良いのであればホテル、B&B、エアーB&B、サービスアパートメントを選んだ方がすっきりとした契約ができるでしょう。もし、短期間でもロンドンの暮らす人と同じような体験をしたい、そのため一般の賃貸物件に住んでみたいというのであればまず不動産業者へ話をしてみるのが良いでしょう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多