検索
  • Administrator

物件見学の前に図面が見たいんだけど

日本では賃貸物件を選ぶ際、最初に目に入るものの一つに図面があるかと思います。不動産会社のお店の前にも図面が貼られています。ロンドンを始めUKのどこへ行っても図面が付いている物件は少ないのではないでしょうか。ロンドンの物件は古いものが多く、例えばCityと呼ばれるロンドン中心地(日系企業などのオフィスが多くあるエリア)などは築200年前後の物件も多く残っています。1666年にロンドン大火を経て今も残っている建物もたくさんあります。

このような古い物件が多く、その建物も長年の間に売買が行われオーナーが変わり、、と図面なども残っていないのが多いようです。古い物件でしかも図面があるものは不動産会社などが図面作成用のソフトを使い作成したものです。古い物件だと現代の建物のように垂直、水平、平行が取られていないため(歪んでいる)きっちりとした図面を作るのは無理です。また不動産会社に勤める社員あるいはアルバイトがテープメジャーやデジタルメジャーを手に物件へ出かけ20-30分で採寸したものです。そのため実際の物件とは数十センチの誤差があるものや小さすぎるドアや大きすぎる窓など、どう見てもおかしな図面を良く見かけますので気休め程度でご覧になるのが良いでしょう。


余談ですが、図面からはその物件の床の水平が取れているかはわかりません。以前ロンドンにお住いの娘さんの家にお父様が遊びに来られました。そのお父様は家に入り、すべての部屋を見終わるころには機嫌が悪くなっていたそうです。お父様のお仕事は大工さんで、床の水平が出ていない、寝室のドアやドアフレームの角が直角ではない、ペンキが何重にも塗り重ねられているため窓の鍵が閉まらない、ペンキがくっついて窓が開かない、、、日本の物件とは比べられないような物件だと怒っていたとのことです。


日本と比べ古い物件がいつまでも残っています。50年、100年、200年経つうちにゆっくりとした地盤沈下が起きている物件も目にしてきました。国が違います、風土も文化習慣も違います。日本と比べてしまいがちですがこちらの国に慣れることも必要です。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多