top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

洗濯機 2

洗濯機1の続きです。

そのためヒーティングエレメントに石灰がこびりつかないように、あるいは洗濯機内に石灰が溜まらないように予防することが必要です。

スーパーなどで購入できる洗濯機を選択する薬剤を定期的に使うことによって石灰の付着を予防することができます。ちなみに石灰除去や除菌の効果があるものなど製品によって多少効果が違うので用途によって選んでください。

ちなみに私はクエン酸を使っています。英語ではCitric Acidと呼ばれ薬局などで安価で購入可能です。用途は電気ケトル、シャワールームの蛇口、シャワーヘッド、キッチンの水回り、洗面台の蛇口類そして洗濯機の石灰除去です。10年くらい使い続けていますが問題は無いようです。ただしクエン酸の水溶液が付いた場合はきちんと水洗いしてください。そのままにしておくと手荒れの原因となります。

ある洗濯機専門の修理屋さんと話をしたところ、彼は1か月に1度500mlの酢(透明な酢)と洗剤を入れ洗濯機の設定を90度にしてから回しをすると酢が石灰を溶かし+殺菌もしてくれるのでお勧めだよとのことでした。また別な修理屋さんに聞いてみると上記のクエン酸で90度設定でのから回しとのことでした。

洗濯機の取り扱い説明書にはメーカー指定の洗濯機を洗濯する洗剤以外は使うなとありますのでこの辺りは自己判断で。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。 渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。 そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などを

bottom of page