検索
  • Administrator

賃貸契約 会社契約って日本の会社契約と一緒?

更新日:2020年8月10日

賃貸物件の会社契約を一般的に皆さんが考えているものとは違う視点からご説明します。

個人がロンドンで物件を借りる際には大家に対しリファレンスレターを提示する必要があります。しかし、日本からロンドンにいらっしゃる方はこちらでの履歴が全くないのが普通です。

履歴とはこちらでの就労歴、給与、住まい、犯罪歴、裁判所からのコートオーダーなど生活にかかわるもの全てです。これらがないため大家はあなたがどこの何者なのかを知るすべがありません。そしてその何者かに家を貸したりする大家はいません。

そのため履歴があり信用がある”会社”がテナントとなって物件を借り、会社が大家の許可を得て社員を住まわせることとなります。また、この社員とはだれでも良いわけではなく特定の社員です。例えば佐藤さんと特定しその他の社員さんは入居者となることはできません。

あくまでも個人契約がベースとしてあり、個人では契約が行えないため会社が個人の代わりに物件の賃貸契約を結ぶものが会社契約です。

日本では有名な一部上場企業も一歩海外に出るとその認知度は下がります。日本ではとても有名な企業でもその企業名を大家が知らないことは良くあります。日系企業の駐在員さんで良くあるのが、会社契約で物件を探し、オファーを入れる際に会社名を伝えても大家も不動産会社の担当者もその会社が何者だかわからない、そのためその会社のリファレンスレターを会計会社から提出してもらうことの依頼を受ける。日本では会社名を出せば泣く子も黙る大手の会社なのに何故不動産会社者や大家がそんな依頼をしてくるのか、失礼千万。


賃貸契約は大家とテナントの契約です。お互いが納得しないと契約はできません。大家を納得させるためには個人でも会社でも同様、テナントとなる者の安全性を示さなければなりません。日本で契約するのではありませんのでUKの慣習に従って契約を行うことをお勧めします。




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は