top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

最新RPIによる家賃値上げ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。

2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。

2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多いようです。もし、月額の家賃が£2000であれば契約更新後の家賃が£2180となります。

2011年の契約更新の際に個人契約をしていたテナントさんはもちろん、大手日系企業さんでも5%の値上げに対応できなかった企業がありましたので今回のRPI9%が家賃値上げがどう反映されてくるのか心配です。


テナントから見ると、昇給がないのに、或いはあっても3−4%なのに家賃が9%上昇するのは我慢ができないとなりますが大家の物件に対する出費も9%ほど増えていますから大家が悪いとは言えません。大家さん個人の家ではインフレで電気、ガス、水道、カウンシルタックスの値上がり、食料品などの値上がり、テナントさんへ貸している物件の管理費、共益費の値上がり、住宅ローンを組んで賃貸物件を購入していればローン金利の値上がりがあります。大家さんも家賃上昇をしなければ苦しい状況です。


このような状況下で契約更新をしなければならないテナントさんはとりあえず不動産会社の担当者に相談してみるのが良いでしょう。

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comentarios


bottom of page