検索
  • Administrator

最新RPIによる家賃値上げ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。

2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。

2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多いようです。もし、月額の家賃が£2000であれば契約更新後の家賃が£2180となります。

2011年の契約更新の際に個人契約をしていたテナントさんはもちろん、大手日系企業さんでも5%の値上げに対応できなかった企業がありましたので今回のRPI9%が家賃値上げがどう反映されてくるのか心配です。


テナントから見ると、昇給がないのに、或いはあっても3−4%なのに家賃が9%上昇するのは我慢ができないとなりますが大家の物件に対する出費も9%ほど増えていますから大家が悪いとは言えません。大家さん個人の家ではインフレで電気、ガス、水道、カウンシルタックスの値上がり、食料品などの値上がり、テナントさんへ貸している物件の管理費、共益費の値上がり、住宅ローンを組んで賃貸物件を購入していればローン金利の値上がりがあります。大家さんも家賃上昇をしなければ苦しい状況です。


このような状況下で契約更新をしなければならないテナントさんはとりあえず不動産会社の担当者に相談してみるのが良いでしょう。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は