検索
  • Administrator

庭の手入れ

一軒家などに住むと庭があるのが普通です。賃貸契約では庭の手入れはテナントの責任となっているものがほとんどですが、それでは庭の手入れとは何を指すのでしょう。

芝刈り、花壇の雑草取り、パティオや石畳の間から出てくる雑草除去、パティオに付いた苔や汚れの除去、小さな植栽の枝おろし、枯れ葉やごみの除去などが普通です。


まず芝刈りは夏期間(1年の半分くらい)は1か月に最低2回の芝刈りは必要となります。芝があまり長くなってしまうと芝刈り機でも短くするのが大変です。例えば10cmくらいに伸びてしまった芝はまず7㎝くらいまで短くして、次に5㎝にして、最後に3㎝で揃えることになります。手間もかかりますし、時間もかかります。庭師からもかかった時間での請求となり、思ったよりも高い金額を請求されることとなってしまいます。


庭にある大きな(高い)木は大家が手入れをします。私たち一般人が高い木に登り枝おろしをするのは無理ですですのでその専門家を大家が手配してくれるでしょう。


テナントの責任が庭の手入れですから雨が少ない期間に水を撒き芝を枯らさないようにしなければなりません。


庭に自分の好きな花を植えたり野菜の栽培を行いたい場合はまず大家さんに相談です。庭の外観や用途を変更することとなりますので大家の承諾を得ないままこれを行ってしまうと問題です。拒否されることは少ないと思います。


秋から冬にかけては草木の成長が遅くなりますが、落ち葉の季節となります。裏庭や表庭に落ちた枯れ葉のお掃除をしなくてはなりません。


では庭師のお値段ですが1度の訪問で30ー60ポンド程です(2020年)。この金額が高いか安いかはテナントさんの判断となります。もちろんテナントさんご自身で庭の手入れをすればお金はかかりません。私が多く見てきたのはご自身で手入れをするつもりだったのが忙しくて手が回らず、3年経ち、ご帰国。庭はジャングルのようです。このジャングルをもとに戻すには時間と労力がかかります。一般的な3-4ベッドの家を庭師に頼み3年前と同等の状態に戻してもらうと1000ポンド以上かかってしまいます。

庭付きの家を借りる際には家を借りる予算の中に庭師代を入れておくことをお勧めします。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は