検索
  • Administrator

庭の手入れ

一軒家などに住むと庭があるのが普通です。賃貸契約では庭の手入れはテナントの責任となっているものがほとんどですが、それでは庭の手入れとは何を指すのでしょう。

芝刈り、花壇の雑草取り、パティオや石畳の間から出てくる雑草除去、パティオに付いた苔や汚れの除去、小さな植栽の枝おろし、枯れ葉やごみの除去などが普通です。


まず芝刈りは夏期間(1年の半分くらい)は1か月に最低2回の芝刈りは必要となります。芝があまり長くなってしまうと芝刈り機でも短くするのが大変です。例えば10cmくらいに伸びてしまった芝はまず7㎝くらいまで短くして、次に5㎝にして、最後に3㎝で揃えることになります。手間もかかりますし、時間もかかります。庭師からもかかった時間での請求となり、思ったよりも高い金額を請求されることとなってしまいます。


庭にある大きな(高い)木は大家が手入れをします。私たち一般人が高い木に登り枝おろしをするのは無理ですですのでその専門家を大家が手配してくれるでしょう。


テナントの責任が庭の手入れですから雨が少ない期間に水を撒き芝を枯らさないようにしなければなりません。


庭に自分の好きな花を植えたり野菜の栽培を行いたい場合はまず大家さんに相談です。庭の外観や用途を変更することとなりますので大家の承諾を得ないままこれを行ってしまうと問題です。拒否されることは少ないと思います。


秋から冬にかけては草木の成長が遅くなりますが、落ち葉の季節となります。裏庭や表庭に落ちた枯れ葉のお掃除をしなくてはなりません。


では庭師のお値段ですが1度の訪問で30ー60ポンド程です(2020年)。この金額が高いか安いかはテナントさんの判断となります。もちろんテナントさんご自身で庭の手入れをすればお金はかかりません。私が多く見てきたのはご自身で手入れをするつもりだったのが忙しくて手が回らず、3年経ち、ご帰国。庭はジャングルのようです。このジャングルをもとに戻すには時間と労力がかかります。一般的な3-4ベッドの家を庭師に頼み3年前と同等の状態に戻してもらうと1000ポンド以上かかってしまいます。

庭付きの家を借りる際には家を借りる予算の中に庭師代を入れておくことをお勧めします。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多