top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。

家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。

大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッテリーの破裂のため保険使用。10人に1人は充電中の機械本体の異常な発熱などの経験があるようです。

保険会社からのアドバイスは必ず本体に付属してきた充電器やケーブルを使用すること。或いは製造会社がお勧めする充電器具を使用すること。オリジナルバッテリーを使用すること。可燃物の近くでの充電を避ける。直射日光の当たる場所での充電をしないなど。

保険会社がこのような発表をしたと言うことは、彼らのアドバイスに従わずに起こった事故や火災などに対しての保険対応は難しいと言うことです。

インターネットで普通の自転車を電気自転車に改造できるキットが驚くほど安く売られていたり、電動スクーターの替えバッテリーをネットで安く手に入れたりできますが、火災や事故調査が行われた際にバッテリーが正規の物ではない、充電器具がUKの基準を満たしていないなどが認められた際には保険が下りなくなる可能性が出てきます。

大家や物件によっては既に電動自転車やキックボードの屋内充電を禁止しているところもあるようです。

十分に気を付けて充電器具やガジェット本体をご使用ください。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。 渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。 そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などを

ガスボイラーの終わり

世の中がエコ、グリーンへ向かっている中、家やフラットに設置してあるガスボイラーも急激にエコ、グリーンな方向へ向かっていました。 新しいガスボイラーの販売は2025年までと決められていたのですが、その規制が少し先延ばしになりまた。2033年です。 家庭用のガスボイラーは何をしているのかというとお湯を作る+暖房です。政府は電気のほうがグリーンだから全てのガスボイラーの販売を禁止してしまおうとしてこの規

bottom of page