top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

使用しない寝具

こちらの賃貸物件ではFurnished(家具付き物件)が多く、家でもフラットでもFurnished Propertyを契約する人が多いでしょう。

その中でも寝具(枕、シーツ、布団など)が最初から用意されている物件も多いかと思います。お仕事で渡英され、買い物の時間もない方にとってはありがたいものですが長期的に考えるとありがたくないことも出てきます。

理解しなくてなならないのはこれらの寝具も物件と一緒に大家から借りているものであるということです。数年後に物件を退去する際にはきちんと洗濯をして大家へ返却しなければなりません。布団や枕などは家の洗濯機で洗濯できるものではありませんからドライクリーニングをすることとなります。最初から用意してある寝具はほとんどがスーパーなどで購入できる中でも一番下のグレードです。安い寝具を買うのとドライクリーニングを比べると寝具を買った方が安い場合も多々あります。

それでは用意してもらった寝具は使わなないので退去の日まで屋根裏やガレージにしまって置くという選択肢はどうでしょう。全く使用しないので退去の際にそのまま大家へ返却できると考えていないでしょうか。何もなければそれでも問題はありませんが問題があった際には”弁償”となってしまいます。

問題とは屋根裏やガレージの中で保管中に汚れてしまった、湿気が多いためカビが生えてしまった、雨漏りに気が付かず濡れているなどです。寝具も家やフラットと同様大家から借りているのもなので最後には借りたときと同じ状態で返さなければなりません。その上で寝具を借りる借りないを決定してください。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comments


bottom of page