top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

仲介手数料

一般的にイングランド、ウエールズではテナントが賃貸業者に仲介手数料を払うことはありません。

賃貸業者へ支払う仲介料があるためSpareRoom, Gumtreeなどのサイトを使って大家と直接契約するのが良いと書かれている日本語のサイトを目にしますがとても不思議です。私はロンドンで約16年この仕事をしています。メジャーな日系賃貸会社やメジャーな地元の賃貸業社と一緒に仕事をしたこともありますがテナントが仲介手数料を支払ったという話は聞いたことがありません。(一緒に仕事をしたと言うのは、A賃貸業者が持っている物件を私のアプリカントさんへ貸した、あるいはその逆などです)

日本とは異なりイングランドの賃貸業者は大家さんから仲介手数料をいただいています。大家さんから報酬(仲介手数料)をもらって、大家さんのために働(テナントを見つける)いています。

最初に一般的にとしたのは例外があるためです。その例外とはリロケーションサービスを受ける際です。このサービスはテナント・テナントとなる人がリロケーション会社に報酬を払い、物件内覧に同行してもらったり、物件を見つけてもらったり、公共料金の名義変更、子供の学校探しなどをしてもらうサービスです。YMSや学生ビザで渡英する方でこのサービスを使っていらっしゃる方を見たことはありませんが会社契約などではよく見かけるサービスです。ただし料金が高いためこのサービスを利用するのは一部の大手企業くらいでしょう。リロケーションサービス会社は本来であればテナントがしなければならない事をテナントに代わって行い、それに対してテナントから報酬を受け取るのでもしかするとこれを仲介手数料と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

賃貸業者は大家から報酬を受け取ります。リロケーションサービス会社はテナントから報酬を受け取ります。A賃貸業者が大家さんから報酬を受け取り且つリロケーション会社として働きテナントから報酬を受け取ることはありません。




閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

賃貸物件の探しやすいエリア 

この記事は11月23日の賃貸業界ニュース記事をもとに書いています。 渡英したYMS,学生さんたちはロンドンの物件の無さに頭を抱えているのではないでしょうか。ここ数年続いている賃貸物件不足が家賃上昇の原因の一つにもなり、とても住みたいと思えるような物件でもないのにこんなに高額な家賃なの、あるいはまず秋物件が見つからないかどちらかだと思います。 そこで、これから渡英される方で大学、学校、バイト先などを

bottom of page