検索
  • Administrator

仲介手数料

一般的にイングランド、ウエールズではテナントが賃貸業者に仲介手数料を払うことはありません。

賃貸業者へ支払う仲介料があるためSpareRoom, Gumtreeなどのサイトを使って大家と直接契約するのが良いと書かれている日本語のサイトを目にしますがとても不思議です。私はロンドンで約16年この仕事をしています。メジャーな日系賃貸会社やメジャーな地元の賃貸業社と一緒に仕事をしたこともありますがテナントが仲介手数料を支払ったという話は聞いたことがありません。(一緒に仕事をしたと言うのは、A賃貸業者が持っている物件を私のアプリカントさんへ貸した、あるいはその逆などです)

日本とは異なりイングランドの賃貸業者は大家さんから仲介手数料をいただいています。大家さんから報酬(仲介手数料)をもらって、大家さんのために働(テナントを見つける)いています。

最初に一般的にとしたのは例外があるためです。その例外とはリロケーションサービスを受ける際です。このサービスはテナント・テナントとなる人がリロケーション会社に報酬を払い、物件内覧に同行してもらったり、物件を見つけてもらったり、公共料金の名義変更、子供の学校探しなどをしてもらうサービスです。YMSや学生ビザで渡英する方でこのサービスを使っていらっしゃる方を見たことはありませんが会社契約などではよく見かけるサービスです。ただし料金が高いためこのサービスを利用するのは一部の大手企業くらいでしょう。リロケーションサービス会社は本来であればテナントがしなければならない事をテナントに代わって行い、それに対してテナントから報酬を受け取るのでもしかするとこれを仲介手数料と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

賃貸業者は大家から報酬を受け取ります。リロケーションサービス会社はテナントから報酬を受け取ります。A賃貸業者が大家さんから報酬を受け取り且つリロケーション会社として働きテナントから報酬を受け取ることはありません。




閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は