top of page
検索
  • Administrator

ロンドン到着後の自己隔離

入ってきた英国のロックダウンも緩んできて日本から学生さんやワーホリの方の渡英が増えてきました。英国に到着後自己隔離が必要ですが、これをシェアハウスなどで行えるかとの問い合わせが何件かありましたので今日はこの件について。

結果から言うとだめです。

自分の部屋に入っているのだから問題ないだろうと考える方も多いようですが、シェアハウスと名前の通り一つ屋根の下で何人かのシェアメイトたちと玄関、キッチン、バスルーム、洗濯機を共用することとなります。そのため隔離しているとは言えない状態です。

これが一般的な賃貸物件(貸家やフラット)に自分一人で入居する場合は二通り。もともとロンドンに賃貸物件があり、日本からロンドンへ帰ってきた場合は問題ありません。しかし、初めての渡英で渡英前に賃貸契約を締結してきた場合はインベントリーチェック、鍵の受け渡し、パスポートの原本を使っての本人チェックなどがあるためどうしても誰かと会って話をし、書類にサインをしたりの作業が出てきます。このため自己隔離は行えません。

逆にシェアハウスなどでも部屋の中で自己隔離しても良いよと言う大家や不動産会社がいたらその人たちは現在滞在中のテナントたちのことは何も考えていないとみてよいでしょう。ホテル滞在をスキップできるのはお金が浮きますが、では自分がシェアハウスに在住で新しい国外からのテナントが入ってきた。大家からは何も聞いていないがどうやら自己隔離をシェアハウスの中でしているようだとなったら良い気分はしないでしょう。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アマゾンなどで購入できる除湿器は以下の4種類です。 1. Peltier(ペルティエ) 安価(£30-£40くらいで)で購入でき、とても静か。小さなものが多くファン付きと無しの物があり、ファンもコンピューターの内部にあるファンを使ったものなので無音に近い。ほんの少しの風しか出てこないため除湿能力はとても低い。消費電力が25ワットくらいなので24時間使って約20ペンス。 階段下のカバード、小さなワー

ガス代電気代が高くなり家のセントラルヒーティングを使わなかったり、絞って使用される方が多いと思いますが、その際には今まで以上に結露対策をしっかりと行ってください。結露はカビに直結しています。 以前ブログに書きましたが人間は通常生活で1日数リットルの水分を排出します。これは汗だったり、呼吸の際など(冬、窓ガラスに息を吹きかけて絵を描いたことがあるかと思いますがそのハーが水分です)と生活器具から発生す

2022年10月からEnergy price guaranteeが適用されていますがご存じだったでしょうか。1年間で£2500と言う文言を見て/聞いて年間のガス代+電気代の上限が2500ポンドだと誤解している方がいらっしゃるようですので簡単に説明をします。 電気代のギャランティーは; 1ユニット(1Kwh)の電気代の上限が34ペンス。 1日あたりの基本料金が46ペンス。 このため1か月の電気料金は

bottom of page