top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

ロンドンのシェア物件マーケット

です。2021年11月20日現在の情報です。

ロンドンのシェアハウス/フラットまた小さなフラット(スタジオフラットや1ベッドフラット)などは物件不足になっています。

理由1

ロンドンのロックダウンが終わったことで海外からの渡英者が増えたようです。具体的には今年の6月頃からロンドンの大学へ通われる方や、特に日本人だとYMSの方の渡英が増えました。ビザは取得していたけれどコロナのために渡英を控えていた方々が一気にロンドンへいらっしゃっているようです。

理由2

シェアハウスの中には大家さんが同居するものもたくさんあります。大家さんがお年を召された方だとコロナの感染を心配し新しくテナントさんを取らない方もたくさんいらっしゃいます。このため物件の数も減少しています。

ロンドンの物価は高く、特に不動産価格や賃貸物件の家賃の高さには皆さんも驚かれるでしょう。シェアハウス(部屋貸し)などでも£400-£700が一般的な家賃、1ポンド=155円で計算して62000円~108500円となります。日本だと新築、エアコン付きの1K、1DKアパートやマンションが借りられる家賃ですがロンドンではこのシェアハウス/フラットが一番価格帯の低い賃貸物件となり渡英する日本人だけではなく世界各国から渡英する方たちがこの価格帯の物件の競争相手となってしまいます。このため良い物件を見つけたらその場でオファーを入れるくらいの気持ちでいないと物件が無くなってしまうでしょう。

良い物件があってもとりあえず数日考えてから返事をすると言うのが日本的かと思いますがこの時期は考慮されることをお勧めします。


閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

Comments


bottom of page