検索
  • Administrator

ロンドンのシェア物件マーケット

です。2021年11月20日現在の情報です。

ロンドンのシェアハウス/フラットまた小さなフラット(スタジオフラットや1ベッドフラット)などは物件不足になっています。

理由1

ロンドンのロックダウンが終わったことで海外からの渡英者が増えたようです。具体的には今年の6月頃からロンドンの大学へ通われる方や、特に日本人だとYMSの方の渡英が増えました。ビザは取得していたけれどコロナのために渡英を控えていた方々が一気にロンドンへいらっしゃっているようです。

理由2

シェアハウスの中には大家さんが同居するものもたくさんあります。大家さんがお年を召された方だとコロナの感染を心配し新しくテナントさんを取らない方もたくさんいらっしゃいます。このため物件の数も減少しています。

ロンドンの物価は高く、特に不動産価格や賃貸物件の家賃の高さには皆さんも驚かれるでしょう。シェアハウス(部屋貸し)などでも£400-£700が一般的な家賃、1ポンド=155円で計算して62000円~108500円となります。日本だと新築、エアコン付きの1K、1DKアパートやマンションが借りられる家賃ですがロンドンではこのシェアハウス/フラットが一番価格帯の低い賃貸物件となり渡英する日本人だけではなく世界各国から渡英する方たちがこの価格帯の物件の競争相手となってしまいます。このため良い物件を見つけたらその場でオファーを入れるくらいの気持ちでいないと物件が無くなってしまうでしょう。

良い物件があってもとりあえず数日考えてから返事をすると言うのが日本的かと思いますがこの時期は考慮されることをお勧めします。


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

さて、スペアルームの調べによると以下のエリアの家賃が高いそうです。 (ポストコードがW1)平均家賃は£1300弱 (ポストコードがSW1)平均家賃は£1100弱 逆に安いエリアは (ポストコードがSE2)平均家賃は£616 (ポストコードがE12)平均家賃は£620 (ポストコードがE6)平均家賃は£621 です。何か特別な理由が無ければ西ロンドンに部屋を借りる方もいらっしゃらないでしょうが、頭に

引っ越しをされる方、夏休みで家族と旅行に出かける方、友達とドライブへ出かける方などレンタカー屋さんで車を借りる方は少なくないと思います。 車を借りたことのある方ならお分かりかと思いますが、車を借りる前に車のどこに傷やへこみがあるかが記載された用紙を受け取りそれにサインをしなければなりません。サインをする前に必ず自分の目で車を見てその用紙にある記載と比べてください。 レンタカーを利用する人の半数がこ

上げておけばこのインフレのおかげで家賃は上昇し続けています。 日本のマンションに管理費や共益費があるようにこの国のほとんどのフラット(一軒家にもあります)にはサービスチャージがあり、大家が1年分をまとめて支払います。この中にはフラット共用部分の掃除、照明、芝刈り、水タンクの洗浄、、、など様々なメンテナンス料金が含まれています。電気代、ガス代、人件費が急激に上昇している今これをカバーするために大家は