検索
  • Administrator

ロンドンでエアコン付きの物件に住みたい

結論から言うと、難しいでしょう。


最近の異常気象でイギリスも年に数日は30度を超えることが出てきましたが、基本的には天気が悪く、雨が多い寒い国です。昔の小説を読んでも暑い夏を記すものはありません。

イギリスの建物は冬の間にどれだけ湿気がなく温かく過ごせるかを考えて作られてきました。そのため窓はあっても小さなものしかなく、日本で言う南向きや北向きの家なども気にする人もいません。

最近でこそ、今どきの生活様式が取り入れられ新しいフラットが建てられ、古い家が改装され、大きなフレンチウインドウや天窓、バルコニーが見られるようになりましたがそれでも年に数日しかない真夏日をしのぐために高いお金を払ってエアコンを付ける人はいません。

もちろん、新し目のオフィスビルなどはエアコンが入っていることも多くなりましたがそれでもCity(ロンドンの中心部にある)の古い建物ではオフィスビルであってもエアコンがないところはたくさんあります。

エアコンは英国の一般家庭ではまだまだ普及していません。大家自身の家にもエアコンが付いていないのに賃貸物件に無理してエアコンを設置する大家はいないでしょう。

ただし、最近建てられたフラット(日本で言うマンションタイプ)には最初からエアコンが設置されているところがあるようです。最近のフラットの売り文句は”ラグジュアリーフラット”ですから、必要のない電化製品や設備が建築当初からつけられているものも多いようです。このようなフラットの中にはエアコンが付いている物件もあります。


ちなみにエアコンと言ってもクーラーのみ(暖房機能がないもの)だったり外気を取り込んで年間を通し新鮮な空気を建物の中を循環させるものをエアコンと呼んでみたり、建築会社、大家、不動産会社によって”エアコン”の概念が異なりますので注意が必要です。

日本でエアコンと言えば夏は冷房、冬は暖房、梅雨時には除湿もできるものかと思いますがイギリスでエアコンとはまだまだ新しいものです。


自動車も同様で、2000年ころまではエアコンが付いている車はごく一部のみでした。冬は車の構造上温かい空気は簡単に作れるので問題なし、夏は窓を開ける。ところが世界の車の常識化に伴ってエアコン付きの車が増え、現在新車でエアコンなしの車は見つけられないくらいだと思います。


こんなわけで家のエアコンはまだまだ珍しいものと認識をしてください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多