top of page
検索
  • Administrator

ロンドンでエアコン付きの物件に住みたい

結論から言うと、難しいでしょう。


最近の異常気象でイギリスも年に数日は30度を超えることが出てきましたが、基本的には天気が悪く、雨が多い寒い国です。昔の小説を読んでも暑い夏を記すものはありません。

イギリスの建物は冬の間にどれだけ湿気がなく温かく過ごせるかを考えて作られてきました。そのため窓はあっても小さなものしかなく、日本で言う南向きや北向きの家なども気にする人もいません。

最近でこそ、今どきの生活様式が取り入れられ新しいフラットが建てられ、古い家が改装され、大きなフレンチウインドウや天窓、バルコニーが見られるようになりましたがそれでも年に数日しかない真夏日をしのぐために高いお金を払ってエアコンを付ける人はいません。

もちろん、新し目のオフィスビルなどはエアコンが入っていることも多くなりましたがそれでもCity(ロンドンの中心部にある)の古い建物ではオフィスビルであってもエアコンがないところはたくさんあります。

エアコンは英国の一般家庭ではまだまだ普及していません。大家自身の家にもエアコンが付いていないのに賃貸物件に無理してエアコンを設置する大家はいないでしょう。

ただし、最近建てられたフラット(日本で言うマンションタイプ)には最初からエアコンが設置されているところがあるようです。最近のフラットの売り文句は”ラグジュアリーフラット”ですから、必要のない電化製品や設備が建築当初からつけられているものも多いようです。このようなフラットの中にはエアコンが付いている物件もあります。


ちなみにエアコンと言ってもクーラーのみ(暖房機能がないもの)だったり外気を取り込んで年間を通し新鮮な空気を建物の中を循環させるものをエアコンと呼んでみたり、建築会社、大家、不動産会社によって”エアコン”の概念が異なりますので注意が必要です。

日本でエアコンと言えば夏は冷房、冬は暖房、梅雨時には除湿もできるものかと思いますがイギリスでエアコンとはまだまだ新しいものです。


自動車も同様で、2000年ころまではエアコンが付いている車はごく一部のみでした。冬は車の構造上温かい空気は簡単に作れるので問題なし、夏は窓を開ける。ところが世界の車の常識化に伴ってエアコン付きの車が増え、現在新車でエアコンなしの車は見つけられないくらいだと思います。


こんなわけで家のエアコンはまだまだ珍しいものと認識をしてください。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アマゾンなどで購入できる除湿器は以下の4種類です。 1. Peltier(ペルティエ) 安価(£30-£40くらいで)で購入でき、とても静か。小さなものが多くファン付きと無しの物があり、ファンもコンピューターの内部にあるファンを使ったものなので無音に近い。ほんの少しの風しか出てこないため除湿能力はとても低い。消費電力が25ワットくらいなので24時間使って約20ペンス。 階段下のカバード、小さなワー

ガス代電気代が高くなり家のセントラルヒーティングを使わなかったり、絞って使用される方が多いと思いますが、その際には今まで以上に結露対策をしっかりと行ってください。結露はカビに直結しています。 以前ブログに書きましたが人間は通常生活で1日数リットルの水分を排出します。これは汗だったり、呼吸の際など(冬、窓ガラスに息を吹きかけて絵を描いたことがあるかと思いますがそのハーが水分です)と生活器具から発生す

2022年10月からEnergy price guaranteeが適用されていますがご存じだったでしょうか。1年間で£2500と言う文言を見て/聞いて年間のガス代+電気代の上限が2500ポンドだと誤解している方がいらっしゃるようですので簡単に説明をします。 電気代のギャランティーは; 1ユニット(1Kwh)の電気代の上限が34ペンス。 1日あたりの基本料金が46ペンス。 このため1か月の電気料金は

bottom of page