top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

ルームレット(部屋貸し)物件に友達を泊める


1つの家を3人のお友達同士で借りています。家には3寝室あり、各部屋に一人ずつテナントさんがお住まいです。2人のテナントさんが日本からのお友達を1か月間滞在させました。

この1か月間の電気、ガス、水道の使用量はどうでしょう。もともと3人分だったのが5人分に増えています。お友達が来なかったテナントさんから見たらいままで通りにこれらの公共料金を三等分するのはフェアではありません。

これと同様にルームレット(例えば一軒家が改装され4人のテナントさんが個別の賃貸契約を行っている)の場合にも同じことが言えます。この場合は前記の場合と異なり大家さんが光熱費を支払っています(=光熱費は家賃に含まれている)。ゲストが泊った際の電気代、ガス代、水道代を大家さんが支払うのは大家さんにとってはフェアではありません。このためルームレットの契約書や契約書の付記書類にゲストが宿泊の際には追加料金をお支払いくださいねと書かれているのです。金額は大家さんや物件によって異なりますが1日、1人のゲストに対し£10~£30くらいの所が多いのではないでしょうか。時々この料金を£60前後に設定している大家さん/物件を耳にします。

この金額が妥当な金額かどうかは微妙です。純粋な光熱費の増加だけで考えるのであれば多すぎます。しかしほかのテナントさんの迷惑といった考え方をすると少ないのではないでしょうか。

エクストラのゲストさんが宿泊となると、バスルーム、シャワー、キッチン、洗濯機などが今まで以上の人数で使用されることになりテナントさんが今までのようにある程度好きな時間に共用部分を使うことが出来なくなります。恒常的にゲストさんが滞在(例えば今週はRoom Aの友達、来週はRoom Bの家族、など)しているようだと共用部分のシェア人数が少ないからと選んだ物件にもかかわらずシャワーが浴びられない、ご飯が作れないとなり結局引っ越しをすることとなってしまいます。

テナントがいなくなってしまうと大家にとっては損害です。前記の£60と言うのはゲストによってほかのテナントさんたちに迷惑が掛からないように、ゲストを泊めてほしくないとの抑止効果を狙ってものかと思われます(直接このような大家さんとお話したことは無いので)。低価格のホテルチェーンなどであれば£60くらいから1泊できますからね。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

Comentários


bottom of page