検索
  • Administrator

ルームレット(部屋貸し)物件に友達を泊める


1つの家を3人のお友達同士で借りています。家には3寝室あり、各部屋に一人ずつテナントさんがお住まいです。2人のテナントさんが日本からのお友達を1か月間滞在させました。

この1か月間の電気、ガス、水道の使用量はどうでしょう。もともと3人分だったのが5人分に増えています。お友達が来なかったテナントさんから見たらいままで通りにこれらの公共料金を三等分するのはフェアではありません。

これと同様にルームレット(例えば一軒家が改装され4人のテナントさんが個別の賃貸契約を行っている)の場合にも同じことが言えます。この場合は前記の場合と異なり大家さんが光熱費を支払っています(=光熱費は家賃に含まれている)。ゲストが泊った際の電気代、ガス代、水道代を大家さんが支払うのは大家さんにとってはフェアではありません。このためルームレットの契約書や契約書の付記書類にゲストが宿泊の際には追加料金をお支払いくださいねと書かれているのです。金額は大家さんや物件によって異なりますが1日、1人のゲストに対し£10~£30くらいの所が多いのではないでしょうか。時々この料金を£60前後に設定している大家さん/物件を耳にします。

この金額が妥当な金額かどうかは微妙です。純粋な光熱費の増加だけで考えるのであれば多すぎます。しかしほかのテナントさんの迷惑といった考え方をすると少ないのではないでしょうか。

エクストラのゲストさんが宿泊となると、バスルーム、シャワー、キッチン、洗濯機などが今まで以上の人数で使用されることになりテナントさんが今までのようにある程度好きな時間に共用部分を使うことが出来なくなります。恒常的にゲストさんが滞在(例えば今週はRoom Aの友達、来週はRoom Bの家族、など)しているようだと共用部分のシェア人数が少ないからと選んだ物件にもかかわらずシャワーが浴びられない、ご飯が作れないとなり結局引っ越しをすることとなってしまいます。

テナントがいなくなってしまうと大家にとっては損害です。前記の£60と言うのはゲストによってほかのテナントさんたちに迷惑が掛からないように、ゲストを泊めてほしくないとの抑止効果を狙ってものかと思われます(直接このような大家さんとお話したことは無いので)。低価格のホテルチェーンなどであれば£60くらいから1泊できますからね。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

電気、ガスのスマートメーター

電気メーターやガスメーターがスマートメーターに交換されている物件を目にします。このような物件を借りる際に、あるいはスマートメーターを取り付ける際に気をつけるべきことがいくつかあります。 良いこと; 1.毎月の電気代やガス代のEstimateによる請求が無くなる 請求書を見るとメーターリーディングの頭やお尻にEと表記されていることがありますがこれがEstimate(今までの使用量に基づいた予想のメー

カウンシルタックスの割引

無くなりますカウンシルタックスは1物件に2人が住むことを元に計算されています。そのため物件にお一人でお住まいになれば割引が適用されます。 フルタイムの学生さんだとこれが免除になりますが語学学校、大学、大学院や学校での勉強時間などによって免除になったりならなかったりするようですので学生課などに問い合わせをすることをお勧めします。 さて、一軒家に友達同士で入居したとします。1人はフルタイムの大学生、も

車庫/ガレージ付の家

昔のミニ(Mr.ビーンの乗っていた車)など昔の車はサイズも小さなものが多かったのでガレージに入れることが出来たでしょうが車のサイズが大きくなった現代ではガレージに入る車種が限定されてきます。 一般的な家についているガレージのサイズは幅2.4m~2.7mx奥行4.9m~5.5mくらいの物かと思います。ただしこれはガレージ本体の大きさです。 ガレージにはシャッターが付いていますが、一般的なシャッターの