検索
  • Administrator

マットレスプロテクター

日本ではあまりなじみのないものですがなんとなくマットレスをプロテクトするものとは想像できるでしょう。

まずマットレスとはベッド台の上に乗っているスプリングが入っていたり、スポンジが入っていたりするものです。小さな子供がベッドの上で飛び跳ねるあれですね。

実際にベッドを使う際にはマットレスの上にシーツを敷きますが、これだけでは就寝中の体から出る汗がシーツを超えマットレスの表面まで届いてしまいます。マットレスの表面におねしょのような跡があるのを見たことがあるかと思いますがこれがその可能性大です。8時間の睡眠中に出る汗が約500ml、単純に考えてその半分の250mlの汗がシーツとマットレスに吸収されていることとなります。これが毎日続くとなったらおねしょのようなシミが付いてしまうのは納得できるのではないでしょうか。

これを抑える/遮断するのがマットレスプロテクターで、使い方はマットレスの上にマットレスプロテクター、その上にシーツが正解です。

もし、マットレストッパーを使うのであればマットレスの上にマットレストッパー、その上にマットレスプロテクター、そしてシーツです。

マットレスプロテクターの安いもの(数ポンド)はビニールやプラスティックのシートの上にちょっとした化繊などが張り付いてるものから高価なもの(湿気を吸収してくれて寝心地が良く洗えるもので数百ポンド)まで様々です。自分に合ったものを使い、大家さんから借りているマットレスにシミを作らないようお気を付けください。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロンドンの夏

暑いですね。もともと涼しい国なので30度前後まで気温が上がってしまうとお手上げです。エアコンが付いているフラットや家はほとんどありませんし、窓が開いても少ししか開かない窓もありますのでそうなると扇風機くらいしか涼を取る方法はなくなってしまいます。アマゾンUKで DIY Magnetic Fly Screenで検索すると日本の網戸に使うネットと窓枠に付けるテープのセットが売っているので夜の間窓を開け

ロンドン ごみの出し方

一般的な家には黒色、青色、緑色の塩ビのごみ箱があります。青はリサイクル可能なものを入れるもので、段ボール、紙、瓶、カラス類など。緑色は庭で出たごみ、例えば芝刈りの際に出た芝、葉、雑草など。黒色はその他の一般ごみです。 カウンシル毎そしてその地域内で各ごみ箱の回収日が異なっていますのでそれに合わせごみ出しをします。ごみ回収日の早朝にごみ箱を家の前に出し、回収車がごみ箱の中身を回収してくれたらその日中

ロンドン到着後の自己隔離

入ってきた英国のロックダウンも緩んできて日本から学生さんやワーホリの方の渡英が増えてきました。英国に到着後自己隔離が必要ですが、これをシェアハウスなどで行えるかとの問い合わせが何件かありましたので今日はこの件について。 結果から言うとだめです。 自分の部屋に入っているのだから問題ないだろうと考える方も多いようですが、シェアハウスと名前の通り一つ屋根の下で何人かのシェアメイトたちと玄関、キッチン、バ