検索
  • Administrator

賃貸契約 渡英前に用意する書類

更新日:2020年8月13日


1.銀行や郵便局などで発行してもらう残高証明(英語版)

2.入学する大学や学校からのオファーレター(英語)

3.大学からの出向であればその旨を記したレター(英語)

4.サバティカルなどであれば受け入れ先からのレター(英語)

5.パスポート

6.BRP(これは渡英後にピックアップすることとなります)

1 があるととても便利です。不動産会社や大家さんはあなたが家賃を支払えるだけの貯金があるかどうか、お金があるかどうかを確認します。銀行の通帳、郵便局の通帳なども有効ですが、イギリスには日本のような通帳はありません。そのため通帳は通用しないと考えるのが良いでしょう。

2 はあなたがイギリスに何をしに来るのかを証明するものです。遊びに来るのであれば日本人は6か月はビザなしの滞在ができます。6か月間の賃貸契約をと考えるのであればオファーレターなどはありませんから上記1のどれだけの貯えがあるかを証明することとなります。


3や4 であれば日本の大学から給料をもらいながらイギリスの大学や病院などで勉強するものかと思います。受け入れ先で勉強させてもらうという手前、受け入れ先からの給料が出なかったり少なかったりしますが、双方からの英文での手紙、証明ができる書類があると良いでしょう。


5と6 はあなたがUKへ入国できる資格があるのかあるいはUKで就労ができる資格があるのかを証明するものです。もし大家さんが不法滞在の移民をテナントして受け入れてしまった場合、不法滞在移民を助けたことで罪に問われます。


これらは個人契約の場合ですが会社契約の際は必要な書類が異なります。


このほかにも大家を安心させられるような書類があればそれもお持ちになるのが良いでしょう。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多