top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

セントラルヒーティング ラジエター 3

エア抜きは英国ではテナントが自ら行うべきとされている作業です。日常の家のお掃除をするのと同じくらいですね。ラジエターが暖かくならないと大家へクレームを入れ大家が業者を手配、業者からの報告がエア抜きが必要なだけだった場合はテナントに請求となることが多々あるようです。

ラジエターを正面から見て右上か左上にエア抜きのためのバルブがあります。このバルブを緩めるには Radiator key, Radiator valve key などと呼ばれるツールが必要です。DIYショップ、ホームセンター、金物屋さん、アマゾンなどで1ポンド以下で購入可能です。

このキーでバルブを反時計回りに回すと”シュー”と空気の抜ける音がします。しばらくすると音がなくなり水(お湯)が出てきますのでその時点でバルブを閉じてください。これでエア抜き終了です。

本来であればこの後ボイラーの(ボイラーーラジエター系統)の水圧をチェックしなければなりません。密閉されているところから空気を抜いてしまったので内部の圧力が下がってしまっています。この圧力を正常に、元の状態に戻してあげなければなりません。”ボイラーーラジエター”系統の正常な水圧は1-1.5bar程度ですがエア抜きをすることによってこれが下がってしまいます。水圧が0.5bar以下になるとボイラーが動かなくなってしまうのでそれを調整してあげる作業が必要になります。この作業はボイラーによって異なるためここで簡単に説明ができません。

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

Commentaires


bottom of page