検索
  • Administrator

セントラルヒーティング ラジエター 3

エア抜きは英国ではテナントが自ら行うべきとされている作業です。日常の家のお掃除をするのと同じくらいですね。ラジエターが暖かくならないと大家へクレームを入れ大家が業者を手配、業者からの報告がエア抜きが必要なだけだった場合はテナントに請求となることが多々あるようです。

ラジエターを正面から見て右上か左上にエア抜きのためのバルブがあります。このバルブを緩めるには Radiator key, Radiator valve key などと呼ばれるツールが必要です。DIYショップ、ホームセンター、金物屋さん、アマゾンなどで1ポンド以下で購入可能です。

このキーでバルブを反時計回りに回すと”シュー”と空気の抜ける音がします。しばらくすると音がなくなり水(お湯)が出てきますのでその時点でバルブを閉じてください。これでエア抜き終了です。

本来であればこの後ボイラーの(ボイラーーラジエター系統)の水圧をチェックしなければなりません。密閉されているところから空気を抜いてしまったので内部の圧力が下がってしまっています。この圧力を正常に、元の状態に戻してあげなければなりません。”ボイラーーラジエター”系統の正常な水圧は1-1.5bar程度ですがエア抜きをすることによってこれが下がってしまいます。水圧が0.5bar以下になるとボイラーが動かなくなってしまうのでそれを調整してあげる作業が必要になります。この作業はボイラーによって異なるためここで簡単に説明ができません。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多