検索
  • Administrator

セキュリティアラーム 防犯アラーム

ここで言うアラームとは日本のセコムやアルソックなどの防犯用のアラームです。

アラームは基本的に異常を探知するとアラーム音を発生し同時に警察や消防署などにつながるのですが、ほとんどの貸家の場合はアラーム音が鳴るのみの設定としている家が多いようです。アラームを警察、消防、警備会社と繋げることは可能ですがそれには料金がかかります。物件にアラームが設置してある場合、使用者となるのはテントですから警察や

消防署と繋げるコストと毎月/毎年の料金はテナントが支払わなくてはなりません。そのためお金のかからないアラーム音のみの設定をしているテナントさんが多いようです。


アラームの電源は配電盤(ブレーカー)にはつながっていません。誤作動が起こりアラームが鳴り響き家中の電源をすべて落とそうとブレーカーを落としてもアラーム音は鳴りやみません。これでアラーム音が止まってしまうと実際泥棒が入ってきても簡単に止められまうためです。どうしたら止まるかというと、あらかじめ登録している暗唱番号を入力するかアラームが鳴りやむのを待つしかありません。一般的に20-30分間アラームはなり続けます。


では夜中や、ホリデーに出かけた際にアラームの誤作動があった場合は近所迷惑になるのではないか、、その通りです。機械の誤作動や家で飼っているペット、ネズミ、虫(虫は飼うではなく入ってくる)に反応してアラームが作動することもあるようです。これを嫌ってアラームをセットしないで外出される方が多いようです。

アラームをセットしないと近所迷惑の心配はなくなるのですが問題が出てきます。例えば泥棒が入り家のドアを壊しました。パソコン、スマートフォン、指輪などが盗まれました。家のドアは大家さんの入っているハウスインシュランス。その他のテナントの持ち物については持ち物保険でカバーされるの(保険に入っていれば)ですがアラームがかかっていなかったことを理由に保険会社は全ての支払いを却下します。これはアラームだけではなく、ドアの鍵、窓の鍵などのかけ忘れも対象となります。保険会社は泥棒がどこから入ったは関係なく、戸締りはしていたか、家にある防犯設備のすべてが使用されていたか、それらの防犯設備が稼働状態だったかを見ます。


ほとんどのアラームの本体(コントロールパネル)は家庭用の電源で稼働していますが書く部屋にあるセンサーは電池が入っていることが多いようです。電池が切れたからと電池交換をしようとしたテナントさんがいましたが、ご想像通り失敗して20-30分間アラームが大音量で鳴り響いたようです。この辺りは専門家に任せるべきです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日のQueen’s Speechによると賃貸契約にあるSection 21 eviction廃止し大家の権利を弱めようするための規制作りを始めるようです。 Section 21は大家がテナントに一方的に契約解除を求めることが出来るものです。テナントが家賃を滞納したり、夜中に騒音を発生したり、ペット不可物件でペットを飼っていたりすればテナントの契約義務違反として大家がテナントへ対し契約解除を求める

毎日のようにニュースで見る電気ガス代の上昇。 今までだと安い電気、ガスの供給会社に乗り換えるのが料金を下げる一番簡単な方法でしたが、それらの供給会社が潰れ且つインフレで料金が上昇中の今乗り換えをしても料金は下がらず、逆に料金が上がってしまうこともしばしば。 では、乗り換えをしないで電気代を下げるにはどうしたらよいでしょう。 一般の家ではテレビ、スカイ、BTボックスなどリモコンのスイッチを押すとすぐ

4月13日に発表された最新のRPI(Retail Price Index)が9%でした。 2020年10月頃から上昇してきましたが9%は1991年以来です。 2011年頃にRPIが5%を超え賃貸物件の契約更新時の家賃値上げの交渉がとても大変だったのを思い出しました。一般的な賃貸契約書には契約更新時に家賃の見直しがあることが明記され、多くがRPIの率と同等の値上げがされることが決められているものが多