top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

スモークアラーム 煙探知機

2015年から新しい規制ができ、住居用の賃貸物件(住居内にオフィスを設ける場合も含む)各階に最低1個のスモークアラームが付いていなければなりません。例えば通常の2階建ての家であれば1階と2階に各1個。2階建て+地下や半地下などがあれば各1個で計3個のスモークアラームが必要です。

まずテナントさんが入居の際=インベントリーチェックの際に正常稼働していることも必要です。アラームの設置義務とテナント入居の際のアラームチェックは大家の責任で行われます。ちなみにスモークアラームを取り付けない大家へは5000ポンドの罰金且つ・あるいは6か月の禁固刑が科せられます。

入居中にこのスモークアラームから20-30秒くらいおきにピッと音が聞こえてくることがありますがこれはアラームの電池切れです。アラームの中には乾電池が入っています(スーパーなどに置いてある四角柱の9Vのものが一般的です)

この電池は消耗品扱いとなるため電池本体と交換はテナントの責任で行うこととなります。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

2024年のYMSビザ

ご存知の方も多いかと思いますが英国へのYMSビザでの入国人数が大幅に増加しました。 今までだと年間1500人だったのが、2024年1月31日から年間6000人となりました。しかも年に2階行われていた抽選は廃止され、申し込み順です。 英国に来れる人数は多くなったのでこれはめでたいのですが、渡英されてからのフラット、お部屋探しは今以上に厳しいものになります。ここ数年物件不足と賃貸物件の値上げりが続いて

充電式バッテリーの問題

表題だけを見ると家とかフラットに関係ないと思われる方も多いでしょう。 家の中を見渡すと充電式のリチウムバッテリーに囲まれて暮らしていることがわかります。携帯電話、イヤホン、ラップトップコンピューター、電動自転車のバッテリー、スクーター(日本だとキックボード)のバッテリー、電子タバコのバッテリーなどがリチウムバッテリーです。 大手保険会社のまとめによると英国人の9人に1人はバッテリーによる火災やバッ

Comments


bottom of page