top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

ガスボイラーの終わり

世の中がエコ、グリーンへ向かっている中、家やフラットに設置してあるガスボイラーも急激にエコ、グリーンな方向へ向かっていました。

新しいガスボイラーの販売は2025年までと決められていたのですが、その規制が少し先延ばしになりまた。2033年です。

家庭用のガスボイラーは何をしているのかというとお湯を作る+暖房です。政府は電気のほうがグリーンだから全てのガスボイラーの販売を禁止してしまおうとしてこの規制が作られました。車の動力(エンジン、モーター)と一緒ですね。

ガスボイラーで作っていたお湯を電気で作るようにしたり、暖房についてはヒートポンプ(日本のエアコン)をつけるよう推奨していたのですが、こちらのエアコンは一台数千ポンド(3ベッドの家を考えるとエアコン+取り付けで1万ポンドを軽く超えてきます)と高く、取り付けに精通した業者も日本と比べ極端に少なく、しかもガスボイラーと暖房の効率を比較した場合電気代のほうが高い、と何をとっても大家や消費者に取って良いところはないようです。

大家が貸し物件でこれらの工事を行うためにはテナントがいない状態でお湯、暖房の工事をしなければなりません。恐らく1-2ヶ月はかかる工事となり家賃収入がなくなります。それに新しい電気でお湯を沸かす機械、エアコンなどの料金、工賃を考慮すると、出費をカバーするために大家は家賃を上げなければなりません。

これを考えるとガスボイラー禁止が延期されたことは良いことなのだと思います。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Kommentare


bottom of page