top of page
検索
  • 執筆者の写真Administrator

エナジーサプライヤー

これは電気、ガス、水道などの供給会社を指します。新しいフラットや家へ引っ越しこれらのエナジーサプライヤーで自分のアカウントを作るとタリフが標準のもの(万人型)にリセットされます。

自分の生活スタイルが夜型であれば夜間に電気代が安くなるプランに変更しましょう。変更するにはこれらサプライヤーへ電話を入れ自分の生活スタイルを話すとどのような料金プランがベストかをおしえてくれるはずです。

例えば電気のストーレッジヒーター。これは安い夜間電力を利用しヒーターの中のセラミックを温め日中にその熱を放出するものですが、これをお使いの方は夜に安い料金プランに変更しないと宝の持ち腐れとなります。

インターネットのコンペアサイトで安いサプライヤーを探せますがまず既存の料金プランを変更しそれでも高いようであればサプライヤー変更と言う順序が良いでしょう。サプライヤー変更は大家や契約書によって規制されているものもあるため変更の前に必ず契約書の確認を忘れず行ってください。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

EPC

EPCレーティングを簡単に上げるならボイラー交換です。古いボイラーを最近のボイラーに替えるだけでEPCで40ポイント上昇します。 たとえばFレーティングの家やフラットがボイラーを交換するだけ(他には何もしなくとも)でレーティングDに上がります。現在のポイント次第ではレーティングCまで上がります。 数年前に出来そうだった賃貸物件のEPC規制(レーティングD以下の物件は賃貸不可=レーティングABCの物

車の保険

車の保険が値上がりしています。 ニュースによると前年比で約40%から60%くらいは上昇しているようです(昨年の保険料が年間£1000であれば今年は無事故でも£1500前後に上がってしまうことになります)。私の車の保険も約50%値上がりしました。 事故も起こしていない、車種変更もしていません。保険の見積もりが届きあまりの値上がりに保険会社へ電話をしましたが昨年、今年とUKの車の保険が値上がりしている

2024年3月時点での家賃

2023年3月と2024年3月の家賃を比べると6%を上回る家賃の上昇が起こったようです。また、COVIDのためロックダウンに突入した2020年3月から比べると28%の家賃上昇が起こっています。 2024年3月のイングランドの家賃の平均は£1160。一番家賃の安い地域はNorth East(ニューカッスルあたり)で£851。ロンドンは異様に高く£1954。 (リファレンス会社調べ)

Comments


bottom of page